【3 月号】I/O 2019年3月号

 次世代の無線通信システム「5G」は、オリンピックより一年前の2019年から実用化されることになりました。

 4Gの10倍とも100倍以上とも言われている「通信の高速化」や、5m/s以内の「超低遅延」などによって実現するであろう技術は多く、今までの3Gから4Gへの変化と比べても、大きな進化が期待されます。

 4Gでもモバイル機器の「4K」動画や「ハイレゾ」といった「大容量コンテンツ」を取り扱える時代となり、さらに「データ通信」だけでなく、「医療」「農業」「自動車」など、さまざまな方面の技術にも使われることが予測されています。

 そこで今月は、「5G」が私たちの生活にどのような影響を与えるのかを考えます。

【3 月号】「コーヒー・ロースター」を作る

 自宅で、手軽に生豆を焙煎できる「コーヒー・ロースター」を作ってみました。
 製作費は、市販の「電熱ヒーター」や「回転ドラム」を含んでも8000円ほどですが、きちんと好みの焙煎ができます。
 製作は、それほど難しくないので、生豆を焙煎工程からやってみたい方は、1台作ってみてはいかがでしょうか。

【3 月号】CES 2019

 毎年1月にラスベガスで開催される、世界最大級の電子機器の見本市「CES」。
 今回、そのCESを取材することができたので、家電が今後どのような方向に進むのかも含めてレポートします。

【3 月号】「IoT」と「AI」で物流の人手不足を解消!

今年(2019)の1月16日(水)~18日(金)に、東京ビックサイトにて第3回「スマート工場EXPO」が開催されました。
 同会場では、「ロボデックス」「ウェアラブルEXPO」「ネプコンジャパン」「オートモーティブワールド」なども開催されて、大勢の来場者で賑わっていました。

【3 月号】PICで128×32 RGBドットマトリクスLEDカラー表示【後編】

 後編である今回は、そこに使われている「RGBドットLEDパネル」を使った「128×32」の「方向幕」を作ってみることにしましょう。

 また、その「方向幕」に表示するパターンを簡単に作るための、「方向幕データ入力用」のパソコン・アプリも紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=aIZscXYwQrU

【3 月号】音の回折「キルヒホッフの積分定理」と「レイリー積分」

「音波」が、障害物などに回り込んで伝わる「回折現象」について、「キルヒホッフの積分定理」から解析します。

【3 月号】「アマゾン・アレクサ」用スキル開発記

 約1年前に、アマゾンから「アレクサ」の招待状が届きました。
 面白そうなのでさっそく購入しましたが、設定や「スキル」※の開発に苦労しました。

 そのときの備忘録を整理してみました。


 あれから1年以上経過したので、最新の「アレクサ」とその開発環境では古くなってしまった情報があるかもしれません。
 しかし、「スキル開発」の「アプローチ」や「考え方」「開発したスキルのソース」などは参考になると思います。

【3 月号】PythonのAI開発ツール「Keras」でAIを作る

 前回は、「深層学習」を用いない従来の「時系列データ予測」の手法を試してみることで、「深層学習」の手軽さを体感しました。

 今回は、「時系列情報」を記憶しておくことができる「LSTM」とはどういうものなのかを説明します。
 また、「時系列」を取り扱える「LSTM」以外のネットワークも紹介します。

【3 月号】「Jupyter Notebook」レシピ

 今月は、機械学習の「アルゴリズム」を使って、フォルダにまとめられている画像を分類するプログラムを作っていきましょう。

 このプログラムは、「original」フォルダに写真を入れておくと、その写真を指定したグループ(この例では4グループ)に分類して「dest」フォルダに格納します
(どのように分類されるかは、図1を参照)。

【3 月号】「Docker」を活用する

 「Docker」の本命とも言えるコンテナは、従来の仮想サーバとは異なり、“破棄されるのが前提”のものです。
 そのため、ログのような、消失すると困るデータをコンテナ内に入れておくのは、危険です。

 ここでは、コンテナ内のあるディレクトリを、「マウントポイント」として設定するところからはじめ、コンテナを破棄してもデータを失わない方法を学んでいきます。

【3 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

「テキスト・エディタ」で編集していると、よく目にする「制御文字」(不可視文字とも)ですが、正しく理解していますか?
昨今、「Adobe Illustrator」や「Photoshop」でも「制御文字」が表示されるようになりました。この「制御文字」を把握することで、テキスト編集の効率を上げましょう。

【3 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 人気の3D-CAD「Fusion360」ではジュエリーを作ることもできます。
 今回はスタンダードなデザインの「指輪」の作り方をご紹介します。

【3 月号】簡単に「3D」と「写真」「ロゴ」を合成「Adobe Dimension CC」

今回は、「屋外広告」や「サイン」などのグラフィックを、「Dimension CC」の機能で実際の「写真」と合成してみましょう。

【3 月号】Google Earth Studio

 日頃「Google Maps」や「Google Earth」を愛用しているユーザーも多いかと思います。
 とくに「Google Earth」の表現力は、都心のビル群やランドマークの正確さから、大自然が広がる山脈や砂漠の雄大さに至るまで、じつに見事に「地球」をシミュレートしており、世界最高クラスの「地球の3Dデータ・ファイル」だと言えます。

 その「Google Earth」がもつ「3Dデータ」を利用して「映像アニメーション」を作ることができる「Google Earth Studio」(以下、Earth Studio)がリリースされました。

 「Earth Studio」は、完全に「ブラウザ・ベース」の「アニメーション・ツール」として公開されており、MacやPCなどデスクトップ版の「Google Chrome」で利用できます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について