【11 月号】個人で作れる「ロボットアーム」 「ロボットアーム」の仕組みが理解できる

 昔なら企業でしか作れなかった「ロボットアーム」が、技術の進歩によって、個人でも作れる時代になりました。

 最近はさらに敷居が下がり、ロボット工作のハードを上げていた材料加工を行なわずに作れるキットが販売されています。

 ここでは写真1のような、個人レベルで作れる「ロボットアーム」の制作をご紹介します。

【11 月号】ROSでロボットプログラミング

「ROS」(Robot Operating System) は、フリーの「ロボット・フレームワーク」で、「Open Source Robotics Foundation」( オープンソース・ロボティクス財団、以下「OSRF」)によって開発されています。

【11 月号】最新パーツ図解 Galaxy Z Fold3 5G

 「Galaxy Z Fold3 5G」の国内販売には今回ドコモが加わり、au、ドコモの2キャリア展開となりました。
 本体カラーは「ファントムブラック」と、auでのみ取り扱っている「ファントムグリーン」が用意されています。

【11 月号】FURUのガジェット紹介レポート

 各社、趣向を凝らし、 さまざまな種類の商品を発表している、スマートガジェット業界。
 今回も、とても変わったガジェットをご案内します。

【11 月号】スクレイピング

 「Selenium」を用いた「データ収集の方法」や「データ解析AIの作り方」について解説します。

【11 月号】Fusion360

 今回はFusion360で「ロゴ」を「3D」にする方法を紹介します。
 テーマにするのは自分の会社のロゴです。
文字部分のロゴタイプはそのままにして、「キャラクター」の部分を3D化します。
 Fusion360で「卵の殻」を作るポイントは、「サーフェス・モデリング」です。
 中でも、「サーフェスを使って分割」することで、ユニークな形を作ることができます。

【11 月号】プログラミングの玉手箱

一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
そんなものでも、見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
第9回目の今回は、最近、たくさんの技術が登場することで複雑怪奇になってきたプログラミング。
その習得に必要な「積み上げ」と「分解」について、お話しします。

【11 月号】I/Oプラザweb版2021年11月号

最近耳にする機会が増えた「音声合成サービス」。録音した声を元にその人の声と似た音声を合成するそうです。作りたい声を自由に合成できるようになると、もっと遊び甲斐が出てきそうですね。

【11 月号】はみだしI/Oマップ2021年11月号

 新型ウイルスの変異株の感染拡大の傾向がありましたが、ワクチン接種が進みデルタ株の感染数が減少傾向にあります。

【10 月号】2021年 I/O10月号

 かつて電子工作のイメージと言えば、専門的な知識と技術を必要とする「の遊び」でした。
 しかし、「Raspberry Pi」や「M5Stack」など、ハンダなしでも動かせるマイコンボードが主流となった今、「電子工作」を始めるハードルはぐっと下がりました。

 そこで今月は、新時代の「電子工作の基礎」について、今一度考えていきます。

 より便利に、手軽になった「電子工作の現状」を紹介。
 また、電子工作を始めるにあたって最低限必要なものや、意外とつまずきやすいプログラミングについての基本的な事項を解説。

 最後に、電子工作上級者による「ステップアップのためのアドバイス」も紹介しています。

【10 月号】「PIC I2C接続」による「16chサーボ」駆動実験

 「2足歩行ロボット」などの製作では、関節に多数のサーボを使い、独立して制御しています。
 そのような場合に便利な、「I2C接続」の「16チャンネルサーボ駆動キット」が、950円という安価(秋月電子)で販売されています。
 今回はこのキットを使って、複数のサーボを駆動する実験をしましょう。

 キットを動作させるためのマイコン回路は300円程度で、極めて小さく作ることが可能です。

【10 月号】身近になる「仮想デスクトップ」 

 「Windows 10 Pro」以上でサポートされていた「リモート・デスクトップ」を、Chrome他の主要ブラウザがサポート。
 個人で簡単に利用できます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について