Tag Archives

Archive of posts published in the tag: VR

【9 月号】「Virtuix Omni」体験レポート

《動画》テキサス州、ヒューストンにあるVirtuix社のPC用VR空間歩行デバイス「Omni」を紹介!
国内販売元として「体験ブース」を開放している、(株)スホ(東京都、新宿区)へ実際で体験してきました。

【9 月号】Japan XR Hackathon 2017

《写真》前回まで「Japan VR Hackathon」と呼ばれていたイベントに「AR」や「MR」も加わり、「Japan XR Hackathon」として生まれ変わりました。
そのイベントの様子をレポートします。

【6 月号】「A-Frame」ではじめる「Web VR」[後編]

《作例URL》今回は、コンポーネントの自作を通じ、より実用的なアプリケーションの作り方を説明していきます。

【5 月号】「A-Frame」ではじめる「Web VR」

《作例URL》本記事では「Web VR」と、その代表的なフレームワークである「A-Frame」を通して、簡単なサンプルを通してその特長をお伝えします。

【4 月号】VRコントローラ「EXOS」

《動画》今回は、イクシー社が今年1月に発表したばかりの最新型VRデバイス「EXOS」(エクソス)を体験してきました。その模様をレポートします。

【4 月号】JapanVR Fest

《動画&写真》昨年まで開催されていた、「VRコンテンツ」の体験会である「OcuFes」(オキュ・フェス)。今年は「JapanVR Fest」と名前を変えて、例年通り、ベルサール秋葉原で開催されています(2月25日~2月26日)。

【3 月号】電子デバイスGlobal Game Jam 2017

《動画&写真》世界各地で一斉に行なわれるゲーム開発ハッカソン、「Global Game Jam」(以下、「GGJ」)。
今年は世界でも初となる、「電子工作」でゲーム作りに挑戦する『電子デバイスGGJ会場』が登場しました。

【3 月号】「VR世界」を歩けるシューズ&グローブ 「Taclim」

《動画》今回は、次世代のVRデバイス「Taclim」を体感すべく、Cerevo(セレボ)にお邪魔してきました。

【3 月号】FURUのガジェット紹介レポート

《マンガ》各社、趣向を凝らし、さまざまな種類の商品を発表している、スマートガジェット業界。
今回は、「360度カメラ」をご案内します。

【2 月号】進化する体感型デバイス「UnlimitedHand」

≪動画≫「UnlimitedHand」(アンリミテッド・ハンド)とは、H2L(株)が発売している、新しい体験ができるゲーム用コントローラーです。
腕に巻き付け、電気刺激で筋肉を収縮させることで、モノに触れたときの“感触”や、手のひらに鳥が乗ったときの“バウンド”などを体感できます。

【1 月号】触覚技術を使った電子工作

《動画》VR技術が普及してくると、その仮装空間中のモノに触りたいというニーズが高まることは間違いないでしょう。
ところが、触覚を提示できる装置はまだ少なく、値段も数万円~10万円以上で、手軽に試せるものではありません。
そこで本記事では市販の部品を使って安価に作れる「触力覚デバイス」を紹介します。

【1 月号】いよいよ上陸!グーグル「Tango(タンゴ)」の世界

《写真》グーグルの「Tango」テクノロジがサポートされたスマートフォン『PHAB2 Pro』が11月1日にLenovoから発売が開始されました。
(法人は販売代理店経由オーダー受付中で、コンシューマーはWEB経由で購入可能)。
そこで、今号では「Tangoテクノロジ」の振り返りと『PHAB2 Pro』の体験レポートです。

【12 月号】VR勉強会「JapanVR Fest」

《写真》日本科学未来館で、「VR」のイベント「JapanVR Fest」が開催されました(2016年10月29日)。
ここでは、その様子をお伝えします。

【11 月号】IVRC (国際学生対抗「VRコンテスト」)

≪写真&動画≫第21回「日本バーチャルリアリティ学会大会」が「つくば国際会議場」で行なわれました(9月14日~16日)。
各大学が研究している最新技術も面白かったのですが、ここでは、特に会場で目玉となっていた「IVRC」(国際学生対抗VRコンテスト)での展示作品を紹介します。

【11 月号】東京ゲームショウ2016

《写真》日本を代表するゲームイベントとして、すっかり定着した「東京ゲームショウ」。海外からの注目度も年々上がり続けるこの祭典の、初日の様子をリポートします。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について