Tag Archives

Archive of posts published in the tag: IoT

【7 月号】「IoT」の「セキュリティ問題」とその対策

 「IoT機器」の「セキュリティ」は、以前から問題が指摘されていますが、今なお取り上げられ続けています。
 ここで、「セキュリティ」の視点から「IoT」についてみてみましょう。

【3 月号】「IoT」と「AI」で物流の人手不足を解消!

今年(2019)の1月16日(水)~18日(金)に、東京ビックサイトにて第3回「スマート工場EXPO」が開催されました。
 同会場では、「ロボデックス」「ウェアラブルEXPO」「ネプコンジャパン」「オートモーティブワールド」なども開催されて、大勢の来場者で賑わっていました。

【8 月号】I/O 2018年8月号

 さまざまなモノがインターネット上で情報を交換して制御する、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)が話題になっています。
 国内でも、さまざまな企業がIoTに関するデバイス、サービスを開発しており、2020年の東京五輪も後押しして、これからが本格的な普及期となることが期待されています。

 一方、海外でも、たとえば街灯や信号機にIoTデバイスを導入して管理するデジタルインフラの導入や、湾港のコンテナの空き状況を確認して、効率的に荷下ろしをするサービスの提供などが行なわれています 。 

 そこで今月は、「IoT」の基礎をおさらいするとともに、日本と海外のIoT事情、開発に使われる基板と言語の最新事情について特集します。

【6 月号】「ESP8266」で作るデータロガー

本誌の特集記事でも紹介した、無線マイコンモジュール「ESP8266」。この製品は、「IoTデバイス」のような工作に利用できます。その代表的なものが、「データロガー」です。

【1 月号】GR-LYCHEE

《PDF》「GR-SAKURA」「GR-PEACH」など、多くの国産マイコンボードを開発する「がじぇっとるねさす」が、新たなプロトタイピング用ボード「GR-LYCHEE」(ジーアール・ライチ)をリリースしました。

【9 月号】「Electric Imp」で「高尾山IoT」

《写真》いろいろな「センサ」を搭載したIoTデバイス「Electric Imp」。
せっかく「センサ」が付いているなら、山登りしながらデータを取ってみよう!ということで、急遽「高尾山IoT」が開催されました。

【9 月号】「Node-RED」プログラミング

「Raspberry Piキーボード」と連携して、ユーザーの操作に「Node-RED」のダッシュボードが反応する仕組みを作ってみます。

【8 月号】Open Source Summit Japan 2017

《写真》Linux Foundationが主催する「Open Source Summit Japan 2017」が、2017年5月31日から6月2日までの3日間、東京で開催されました。
Linuxやクラウド、コンテナ、IoTをはじめとするオープンソースのプロジェクトの紹介や技術解説、問題の共有など、さまざまなセッションがありました。
今回も会場にはたくさんの技術者や組織・ユーザーが集まり、交流や情報交換が行なわれました。

【8 月号】「Node-RED」プログラミング

《画像》今回は、すでに「センサ」が基板に組まれているデバイスと、「Node-RED」を用いて、「加速度やジャイロのデータ」を「Twitter」に自動で投稿するアプリを開発します。

【8 月号】「ロボット」や「IoT」に欠かせない 「センサ」と「アクチュエータ」

《PDF》世の中には、たくさんの「ロボット」や「IoT機器」がありますが、それらのほとんどには「センサ」や「アクチュエータ」が搭載されています。これらの部品なしに、「ロボット」や「IoT機器」を作るのは不可能です。

【5 月号】デバイス制御やネットワークアクセスが手軽にできる「Node-RED」プログラミング

《プログラム解説》これから何回かにわたり、「Node-RED」を使ってどのようなことができるのか、月ごとのテーマ形式で、いろいろな事例を試していきます。

【2 月号】「Amazon Dashボタン」を改造

≪動画≫ボタンを押すだけでAmazonで注文ができる「Amazon Dashボタン」が発売されました。
さっそくこのボタンをハックして、さまざまなIoT用途に使っている人たちが登場しています。
ここでは、そんな実例をいくつか紹介します。

【2 月号】[特集]「IoT」で「アクチュエータ」を動かす 補足解説

《補足記事》本稿で紹介したプログラムの全文と、内容について解説します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について