Tag Archives

Archive of posts published in the tag: AI

【4 月号】I/O 2019年4月号

 「AI」という言葉が1900年台半ばに生まれてから、研究や開発が進み、
やがては単に研究所の中だけのものではなく、社会や生活においても顔を出すようになりました。

 最近では「AI」「人工知能」と銘打った機器やシステムなども、私たちの目に映るようになりましたが、そもそも、「AI」とは何なのでしょうか。

 「AI」と聞くと、あたかも人間の脳を模したかのように考えがちですが、実際の人工知能は、かならずしもそのようなものではなく、人より勝る部分、苦手な部分のある、「コンピュータの考え方」を伸ばしたものであったりします。

 今回の特集では、AIとは何なのか、AIの得意なことや不得意なこと、それらが今後どのような方向に進むのか、そして私たちの生活にどのような影響を与えるかについて考えます。

【4 月号】「AI」で「できること」「できないこと」

 “バズ・ワード”(buzz word)化している「AI」。
 歓迎も批判も、その裏にいる“人”の意志に操作されることのないように、仕組みや実情をよく学んでおきたいものです。

【3 月号】「IoT」と「AI」で物流の人手不足を解消!

今年(2019)の1月16日(水)~18日(金)に、東京ビックサイトにて第3回「スマート工場EXPO」が開催されました。
 同会場では、「ロボデックス」「ウェアラブルEXPO」「ネプコンジャパン」「オートモーティブワールド」なども開催されて、大勢の来場者で賑わっていました。

【11 月号】PythonのAI開発ツール「Keras」でAIを作る

 前回は、「GCP環境」で「国勢調査データから、所得が$50K/年を超えるかどうかを予測」するAIをサンプルを利用して作ってみました。  今回は、初めのころに作った簡単なAIである、“「四角」が「縦長」か「横長」かを判定…

【11 月号】「GTC Japan 2018」

GPUコンピューティングのカンファレンスが開催されました。 (9月13-14日、品川「グランドプリンスホテル高輪 国際館パミール」) arutanga You need ID and Password.

【6 月号】PythonのAI開発ツール「Keras」でAIを作る

前回、公開されているデータセットとその活用方法について紹介しました。
今回は、公開データセットの「MNIST」と言われる手書き文字データセットを用いて、画像を認識するAIについて解説します。

【4 月号】PythonのAI開発ツール「Keras」でAIを作る

 Pythonラッパー「Keras」。いまのAIに欠かせない技術「深層学習」を比較的簡単に利用できます。これから何回かに分けて自分の考えたAIを作るためのノウハウを紹介します。  今回は、「Keras」の概要と導入方法と…

【1 月号】2017国際ロボット展

《写真》017年末に開かれた「国際ロボット展」。大小さまざまなロボットが展示されていました。

【9 月号】「人工知能」と「ビッグデータ」がもたらす未来

「人工知能」と「ビッグデータ」の両者がもたらす近未来について、特に産業の在り方をみてみましょう。

【5 月号】ミニ四駆AI大会

《動画》「安価な小型モデルカー」(ミニ四駆など)と「AI技術」を組み合わせて、高速で高性能な運転制御を研究する、「ミニ四駆AI大会」が開催されました(3月8日~3月9日)。

【3 月号】バーチャル“ホームロボット” 「Gatebox」

《動画》ウィンクル社の話題のバーチャル“ホームロボット”の「Gatebox」。
謎の包まれたこの商品を取材できたので紹介します。

【1 月号】いよいよ上陸!グーグル「Tango(タンゴ)」の世界

《写真》グーグルの「Tango」テクノロジがサポートされたスマートフォン『PHAB2 Pro』が11月1日にLenovoから発売が開始されました。
(法人は販売代理店経由オーダー受付中で、コンシューマーはWEB経由で購入可能)。
そこで、今号では「Tangoテクノロジ」の振り返りと『PHAB2 Pro』の体験レポートです。

【3 月号】インターネット「匿名雑談」会

≪連載≫今回は、「ビッグ・データ」と「人工知能」について考えてみました。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について