Tag Archives

Archive of posts published in the tag: 電子工作

【8 月号】I/Oや書籍で紹介してきた電子工作を 「I/O電子工作部」として出展

《告知》8月6~7日に、東京ビッグサイトで行なわれる「Maker Faire Tokyo 2016」に、今までI/Oや書籍で紹介してきた電子工作を、「I/O電子工作部」として出展することになりました。
そこで、今回出展してくれる2人に、出展する電子工作について、聞いてみました。

【5 月号】Arduinoの基礎知識

≪PDF≫「Arduino」(アルドゥイーノ)は、米国の「Arduino LLC社」と、イタリアの「Arduino SRL社」が、設計製造している、「8ビット」または「32ビット」の「マイコン・ボード」です。

【3 月号】「抵抗」の種類

≪PDF≫電子工作に「抵抗」は欠かせないものですが、「抵抗」にはどんなものがあるのでしょうか。

【2 月号】GUGEN 2015

≪動画&写真≫2015年12月に、「P板.com」社が主催する電子工作コンテスト「GUGEN」が開催されました。
ここでは展示されていた作品の一部を紹介します。

【2 月号】「基板作成」の基礎知識

≪PDF≫最近は、非常に安価に「プリント基板」を作れる「試作サービス」や、「プリント基板」を製造するための「ガーバーデータ」を出力する「基板CADソフト」が登場し、「プリント基板」を自作できるようになりました。
ここでは、「基板作成の基礎」に触れてみたいと思います。

【2 月号】「7セグLEDキッチンタイマー」を作る[前編]

≪PDF≫「キッチンタイマー」は、どの家庭にも1つはあるのではないでしょうか。私は、カップ麺にお湯を入れて3分間といった感じで、よく使っています。
しかし、多くの「キッチンタイマー」が売られているにもかかわらず、そのほとんどは「液晶数字」のものです。
そこで、消費電力は液晶よりも大きいものの、暗いところでも視認性に優れる「7セグLED」を使って、実用的なキッチンタイマーを作ってみることにしましょう。

【1 月号】ブレッドボードを使って自作するArduino「Miyagino」(ミヤギーノ)

《PDF》マイコンボード「Arduino」は、部品さえ揃えば、自分でゼロから作ることもできます。
ここでは、ブレッドボードを使って自作するArduino互換機、「Miyagino」(ミヤギーノ)について、簡単に紹介します。

【10 月号】Maker Faire Tokyo 2015

≪動画≫2015年8月1日と2日、東京ビッグサイトにおいて、DIYユーザーの祭典「Maker Faire Tokyo 2015」が催されました。

【10 月号】サウンドライブラリ「Mozzi」

≪PDF≫「Arduino」は、“定番マイコンボード”と言ってよいほどの存在になりました。従来の機能を拡張する、さまざまなライブラリが公開されているのも、選択の理由です。今回は、その中から、“音”に特化したライブラリ「Mozzi」(モズィ)を紹介します。

【9 月号】MESH–「ワイヤレス」ファンクショナル・タグ

≪動画≫「MESH」(Make, Experience, SHare)は、身近な問題を解決するアイデアを簡単に形にできる、Sonyの「スマートDIYキット」です。
「センサ」などの機能をもつ「MESHタグ」を、ドアや小物に貼り付けたり、何かに組み込んだりして活用します。「無線」(Bluetooth)でつながるので、使う場所を選びません。

【9 月号】超小型のプログラミング専用パソコン 「IchigoJam」

≪PDF≫「IchigoJam」は、「プログラミング・クラブ・ネットワーク」(PCN)から販売されている、名刺サイズのパソコンです。

【8 月号】「Design Spark PCB」でプリント基板設計

≪画像≫プリント基板を作成できる「CADソフト」には、高価なものもありますが、「Design Spark PCB」は無償で提供されていて、迅速に設計ができます。

【2 月号】日本最大級の自作ハードウェア・コンテスト「Gugen2014」

≪補足記事&補足画像≫「GUGEN」(グゲン)は今年で2回目を迎える、新しい電子工作系のコンテストです。
今回は、「DMM.make AKIBA」が居を構える、秋葉原の「富士ソフトビル」で開催されました(2014年12月13日~14日)。

【12 月号】「Intel Edison」試用レポート

≪補足記事≫32bitマイコンでは、ARMプロセッサが市場を独占する形で供給されています。
その市場に対抗すべく、インテルからパワフルなプラットフォーム、「Edison」が登場しました。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について