Tag Archives

Archive of posts published in the tag: 開発

【11 月号】I/O 2018年11月号

 単純な計算から始まったコンピュータの利用も、高度化複雑化し、さまざまな用途に使われ、私たちの生活の一部となっています。

 パソコンを動かす基礎、「オペレーティング・システム」には挑戦者が現われ、大きなシェアを占めています。
 その上で働く、「プログラム言語」にも、次々と新しいものが生まれています。

 「アプリケーション・ソフト」の大規模化もとどまることはなく、クラウド化も進んでいます。

 このような環境下で、ソフト従事者はどのように開発や運用をしていけばいいのでしょうか。

 今月は、「ソフト環境」の現状をチェックしつつ、それらへの対応方法を探ってみました。

【6 月号】「ESP8266」で作るデータロガー

本誌の特集記事でも紹介した、無線マイコンモジュール「ESP8266」。この製品は、「IoTデバイス」のような工作に利用できます。その代表的なものが、「データロガー」です。

【6 月号】「micro:bit」を使って「コンパス付き万歩計」を作ろう!

前号に引き続き、「micro:bit」単体でも試せる、「コンパス付き万歩計」を作っていきます。

【6 月号】M5Stack[後編]開発環境構築とプログラミング

「M5Stack」は、「ESP32」を搭載したコンパクトな開発モジュール。今回は、「ArduinoIDE」と「M5Cloud」、2つの開発環境を使ったプログラミング方法を、簡単に紹介します。

【12 月号】デジタルコンテンツEXPO2017

《写真&動画》国内外における最先端の「デジタルコンテンツ」を集めた展示イベント「デジタルコンテンツEXPO」。
今年で10年目を迎える「DCEXPO2017」では、どのような展示がされていたのでしょうか。

【12 月号】UNREAL FEST EAST 2017

《写真&動画》神奈川で開催された「UNREAL FEST EAST」について、いくつかのセッションの内容と、その様子をお伝えします。

【10 月号】ショッカソン2017

《写真》「ショッカソン」は、今年で4回目を迎える、「新しい触覚体験の創造」をテーマにした開発イベントです。今回は、どのようなものが開発されたのか、その様子をレポートします。

【9 月号】「学生チーム対抗ゲームジャム2017」 レポート

《写真》「ゲームジャム」は、1日~2日の短期間(時間にして24時間~30時間)に、会場に集まった人たちが即席のチームを組んで、与えられたテーマに沿ったゲームの制作に挑戦するイベントで、世界中でさまざまな「ゲームジャム」が日々開催されています。
今回は、専門学校生や大学生を対象にした「学生チーム対抗ゲームジャム2017」の様子をお伝えします。

【9 月号】「Node-RED」プログラミング

「Raspberry Piキーボード」と連携して、ユーザーの操作に「Node-RED」のダッシュボードが反応する仕組みを作ってみます。

【8 月号】「Node-RED」プログラミング

《画像》今回は、すでに「センサ」が基板に組まれているデバイスと、「Node-RED」を用いて、「加速度やジャイロのデータ」を「Twitter」に自動で投稿するアプリを開発します。

【7 月号】Visual Studio 2017

《PDF》「Visual Studio 2017」(VS 2017)は、多くのアプリケーション開発ができる「統合開発環境」です。
ここでは、「VS 2017」の特徴を簡単に紹介します。

【6 月号】「chibi:bitラジコン」を作ろう![第3回]「入力機能」と「通信機能」 補足解説

《補足記事》「chibi:bitラジコン」を作ろう!【③「入力機能」と「通信機能」】の補則解説です。

【4 月号】2Dゲームの開発に最適なフレームワーク「Cocos2d-x」

《PDF》「Unity」や「Unreal Engine」など、近ごろは、「ゲーム開発環境」の種類も多岐に渡るようになりました。
その中で、「ツムツム」や「モンスターストライク」といった有名タイトルに使われているフレームワークがあります。それが、「Cocos2d-x」です。

【4 月号】「Xamarin」とは

《PDF》「C#言語」を使った、ライブラリおよびクロスプラットフォーム開発環境である、「Xamarin」(ザマリン)について簡単に説明します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について