Tag Archives

Archive of posts published in the tag: 投稿

【9 月号】「マイクロホン・アレイ」と「センサー・アレイ」

さまざまな信号源から行なう信号処理を「センサー・アレイ」と言います。 今回は複数の「マイクロホン」から得た「音」を元に、「信号源」を推定してみます。 君島 武志 You need ID and Password.

【8 月号】【投稿記事】「音の波形」と「ニューラル・ネットワーク」

《プログラム》たくさんの層をもつ「ニューラル・ネットワーク」の仕組みは、「ディープ・ラーニング」を知る上で欠かすことができないものです。ここでは、「音の波形」の数値が、ネットワークを通してどのように変化するか検証してみます。

【9 月号】<投稿記事>「Perl」で見るインラインプログラム

異なるコンピュータ言語を使いたいときは、「インライン」でプログラムを書きます。
ちょっとした数値の設定から、インラインの言語以外の特有の処理など、幅広く対応できます。
今回は「Perl」という言語の中で、「C言語」や「Java」を動かしてみたいと思います。

【8 月号】<投稿記事>「音の作成」と「エフェクト」

《プログラム》「波形」を元にした「音」は、数式によって独自に作ったり、変化をつけることができます。「Octave」を使って、いろいろな音を作ってみましょう。

【7 月号】I/OプラザWEB版

《連載》これからの時期はアウトドアに出掛ける人も多いと思います。そこで活躍するのが、小型アクションカメラ。最近は安価なアクションカメラも出ているようなので、これを機に試してみるのもいいかもしれません。

【6 月号】<投稿記事>「ケプストラム法」と「スペクトル包絡」

≪サンプルプログラム≫周波数の特性を表わす「高速フーリエ変換」(FFT)を基にすると、「音の高さ」を数値化できます。今回は、「ケプストラム法」と「スペクトル包絡」「ウエーブレット変換」を使って、検証してみましょう。

【5 月号】<投稿記事>「複素形式」と「スペクトル」

≪サンプルプログラム≫「波形」の特性を調べる際には、「実数」と「虚数」を使います。今回は、この2つの違いを踏まえて、「音の性質」を見ていきます。

【8 月号】<投稿>「R言語」で“音の波形”を見てみよう

≪サンプル≫「R」は統計用のプログラミング言語です。パッケージをインストールすることで、さまざまな「計算」「グラフの表示」「音楽ファイルの再生」ができるようになります。
今回は、この「R」を利用して、「WAVEファイルの分析」を試してみます。

【8 月号】はみだしI/Oマップ

≪オリジナル≫I/OマップのWeB版です。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について