Tag Archives

Archive of posts published in the tag: プログラム

【8 月号】「micro:bit」を使って「植物の声」を聞いてみよう![後編]

「micro:bit」の「P0」「P1」の端子を利用して、「植木鉢の水分」を計測するシステムを作ってみましょう。

【8 月号】音のエネルギー

ある点の音のエネルギーがどのように伝わるのかを、「伝導」「拡散」「分布」の視点から検証してみたいと思います。

【5 月号】「線形最小二乗法」と「最適解」

今回は、Pythonを用いて、観測されたデータから未知の値について、「線形最小二乗法」で、「最適解」と「真」の値を求めてみます。

【2 月号】波形データの「線形写像」

《プログラム》「波形データ」を行列に格納して、写像後の「ベクトル空間」がどのように変化するか、検証してみます。

【1 月号】Excelで「2ヶ年カレンダー」

年の瀬も近づいてまいりました。「来年もよろしく」とお願いするときに、会社のロゴ入りカレンダーを持参して、お得意先にも喜んでもらいましょう。

【11 月号】プログラミング戦車

《補足記事》プログラムで前後左右に動く、「プログラミング戦車」を作ります。

【11 月号】Kotlin

《PDF》グーグルは、「Androidアプリ」の公式開発言語に「Kotlin」が加わると発表しました(2017年5月)。
アプリを「Java」言語を用いて開発してきたAndroidですが、「スクリプト系言語」開発したいという展望があり、それに「Kotlin」が選ばれました。

【8 月号】【投稿記事】「音の波形」と「ニューラル・ネットワーク」

《プログラム》たくさんの層をもつ「ニューラル・ネットワーク」の仕組みは、「ディープ・ラーニング」を知る上で欠かすことができないものです。ここでは、「音の波形」の数値が、ネットワークを通してどのように変化するか検証してみます。

【5 月号】デバイス制御やネットワークアクセスが手軽にできる「Node-RED」プログラミング

《プログラム解説》これから何回かにわたり、「Node-RED」を使ってどのようなことができるのか、月ごとのテーマ形式で、いろいろな事例を試していきます。

【4 月号】2Dゲームの開発に最適なフレームワーク「Cocos2d-x」

《PDF》「Unity」や「Unreal Engine」など、近ごろは、「ゲーム開発環境」の種類も多岐に渡るようになりました。
その中で、「ツムツム」や「モンスターストライク」といった有名タイトルに使われているフレームワークがあります。それが、「Cocos2d-x」です。

【1 月号】「R言語」と「Python」の連携

《PDF》統計用プログラムの「R言語」は、他の言語と連携することが可能です。
例として、「Python」から「R言語」を呼び出して、「音」の解析結果を表示してみましょう。

【10 月号】「Mathematica」を使った音の編集と統計

≪サンプルプログラム≫小型コンピュータ「Raspberry Pi3」には、さまざまな計算やグラフ表示ができる、「Mathematica」というソフトがインストールされています。
今回はこのソフトを使って、「音の波形」をキャプチャしてから、「統計データ」をとってみます。

【9 月号】<投稿記事>「Perl」で見るインラインプログラム

異なるコンピュータ言語を使いたいときは、「インライン」でプログラムを書きます。
ちょっとした数値の設定から、インラインの言語以外の特有の処理など、幅広く対応できます。
今回は「Perl」という言語の中で、「C言語」や「Java」を動かしてみたいと思います。

【8 月号】OpenSCAD

《PDF》「OpenSCAD」は、3Dの立体データを作るための「3D-CAD」ソフトです。「オープンソース・ソフト」のため、無償で利用できます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について