Tag Archives

Archive of posts published in the tag: センサ

【9 月号】「Electric Imp」で「高尾山IoT」

《写真》いろいろな「センサ」を搭載したIoTデバイス「Electric Imp」。
せっかく「センサ」が付いているなら、山登りしながらデータを取ってみよう!ということで、急遽「高尾山IoT」が開催されました。

【8 月号】「ロボット」や「IoT」に欠かせない 「センサ」と「アクチュエータ」

《PDF》世の中には、たくさんの「ロボット」や「IoT機器」がありますが、それらのほとんどには「センサ」や「アクチュエータ」が搭載されています。これらの部品なしに、「ロボット」や「IoT機器」を作るのは不可能です。

【3 月号】電子デバイスGlobal Game Jam 2017

《動画&写真》世界各地で一斉に行なわれるゲーム開発ハッカソン、「Global Game Jam」(以下、「GGJ」)。
今年は世界でも初となる、「電子工作」でゲーム作りに挑戦する『電子デバイスGGJ会場』が登場しました。

【2 月号】「ESP8266」とは何か

《PDF》「ESP8266」は、正式には「CPU」と「Wi-Fi機能」が搭載されたIC「ESP8266EX」(Epressif Systems社)に、「周辺回路のクロック」や「メモリ」「パターンアンテナ」「シールド」を付けてモジュール化した、「ESP-WROOM-02」を指します。

【1 月号】ET2016

《写真》30回目の開催となった「ET 2016」(Embedded Technology)。
今回は、「IoTブーム」を受けて、ネットワーク接続を意識した出展が例年よりも多いという印象がありました。

【1 月号】触覚技術を使った電子工作

《動画》VR技術が普及してくると、その仮装空間中のモノに触りたいというニーズが高まることは間違いないでしょう。
ところが、触覚を提示できる装置はまだ少なく、値段も数万円~10万円以上で、手軽に試せるものではありません。
そこで本記事では市販の部品を使って安価に作れる「触力覚デバイス」を紹介します。

【12 月号】CEATEC Japan 2016

《動画&写真》「CEATEC」は、毎年この時期に開催される日本最大級の先端技術展示会です。
今年は「先端技術」に加え、「IoT」(Internet of Things)もテーマに加わりました。

【8 月号】Perception Neuron

≪動画≫「Perception Neuron」は、身体の動きをデータとして取り込む、「モーションキャプチャ」用のデバイスです。
今回はサンプルを借りたので、実際に使いながら、どのような特徴をもっているのか見ていきたいと思います。

【7 月号】「グラフェン」でできること

《補足記事》「グラフェン」という炭素素材が注目されています。1つの素材からさまざまな製品に展開できるのが、「グラフェン」のすごいところです。
「グラフェン」とはいったい、どのようなものなのでしょうか。

【6 月号】第2回国際ドローン展

≪写真≫2016年4月20〜22日に幕張メッセ第2回目となる、「国際ドローン展」が開催されました。「新しいドローン」というよりは、機体のバージョンアップや付属するサービスの進歩が目立ちました。

【4 月号】光る靴 「Orphe」オルフェのしくみ

≪動画≫テレビのCMなどにも使われた、LEDが制御できる、光る靴「Orphe」(オルフェ)。
今回、その「Orphe」を作っている「no new folk studio」社のCEOである菊川裕也氏と、CTOの金井隆晴氏に、話を伺いました。

【12 月号】「デジタルコンテンツEXPO」2015

≪写真&動画≫「デジタルコンテンツEXPO」(以下、「DCEXPO」)は、最新の「デジタルコンテンツ」が一堂に集結する国際展示会です。
多くの展示がありましたが、ここでは編集部の独断と偏見で選んだものを紹介します。

【12 月号】TWE-Liteで「無線センサ」を実現する

≪PDF≫世の中には、さまざまな「センサ」があります。
「センサ」を使えば、「温度」「湿度」「照度」「モーション」など、外界の様子が分かります。
その「センサ」を無線化し、「IoT」として活用できる製品が、モノワイヤレス(株)の「TWE-Lite」(トワイライト)シリーズです。

【9 月号】MESH–「ワイヤレス」ファンクショナル・タグ

≪動画≫「MESH」(Make, Experience, SHare)は、身近な問題を解決するアイデアを簡単に形にできる、Sonyの「スマートDIYキット」です。
「センサ」などの機能をもつ「MESHタグ」を、ドアや小物に貼り付けたり、何かに組み込んだりして活用します。「無線」(Bluetooth)でつながるので、使う場所を選びません。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について