Tag Archives

Archive of posts published in the tag: アプリ

【10 月号】「konashi3.0」を使って、サーボモータとADCの制御

『「konashi3.0」の試用』の、補足解説記事です。

【11 月号】Kotlin

《PDF》グーグルは、「Androidアプリ」の公式開発言語に「Kotlin」が加わると発表しました(2017年5月)。
アプリを「Java」言語を用いて開発してきたAndroidですが、「スクリプト系言語」開発したいという展望があり、それに「Kotlin」が選ばれました。

【7 月号】Visual Studio 2017

《PDF》「Visual Studio 2017」(VS 2017)は、多くのアプリケーション開発ができる「統合開発環境」です。
ここでは、「VS 2017」の特徴を簡単に紹介します。

【4 月号】「Xamarin」とは

《PDF》「C#言語」を使った、ライブラリおよびクロスプラットフォーム開発環境である、「Xamarin」(ザマリン)について簡単に説明します。

【4 月号】《投稿記事》「Android Studio」で作るスマホアプリ

《プログラム》「スマホ」や「タブレット」のアプリは、日常に浸透しています。
今回は、普段使い慣れているアプリを、開発してみましょう。簡単なアプリを作りながら、「Android」の仕組みを楽しんでください。

【8 月号】Monoプロジェクト

≪PDF≫「Mono」(モノ)は、LinuxなどUNIX環境でWindowsのアプリが作れるプログラミング開発環境です。
「Mono」がどのようなものなのか、見ていきましょう。

【4 月号】Pepper App Challenge 2015

≪動画≫2月27日から、開発者向けに先行販売もはじまったソフトバンクの人型ロボット「Pepper」(ペッパー)。
今回は、発売に先んじて行なわれた、「Pepper」を利用したアプリのコンテスト、「Pepper App Challenge 2015」の様子を紹介します。

【3 月号】「Fx0」試用レポート

≪サンプル≫ギーク向けスマートフォンとして登場したKDDIのFirefox OS搭載スマートフォン「Fx0」(LG製)。
新しいOSを搭載したスマートフォンが久々に登場しました。
今回、実機をお借りすることができたので、「Firefox OS」はどのようなものなのか試してみます。

【3 月号】「Android5.0」の新機能

≪PDF≫モバイル機器で最も重要な2つの特徴が、「画面のデザイン」と「速さ」です。
「Android 5.0」の大きな変更点は、まさにこの2つを狙っているようです。

【1 月号】「Swift」で簡単になったiOSアプリ開発

≪PDF≫「Swift」の登場によって、iOSアプリの書き方はグッと簡単になりました。ここでは、その一例を紹介します。

【1 月号】「InDesign」Tips[その10]

≪連載≫縦書きのなかに半角英数字が混在していると、その部分だけ90度回転して表示されてしまいます。
これを正しく表示させる機能が「縦中横」(たてちゅうよこ)で、基本的には、その文字列ごとに設定をします。
しかし、長文に混在する半角英数字のすべてに対して、ひとつずつ「縦中横」を指定するのは骨が折れる作業です。
「InDesign」も、そんな労力を課すことはなく、スタイル設定のなかに「自動縦中横設定」が用意されています。

【11 月号】Live2D Cubism 2.0

≪動画≫「自分の描いたキャラクターを有名にしたい」イラストを投稿サイトにUPしたことのある人であれば、少なからず考えたことはあるのではないでしょうか。

そこでです。手間暇をかけた「一枚絵」を手軽に動かすことが出来たなら…そう考えるだけでワクワクしませんか?目立つと思いませんか?

今回は、そんなことを可能にしてくれるツール、「Live2D」を紹介します。

【12 月号】「Sphero 2.0」プログラミング

「Sphero 2.0」は、Orbotix社の「球体型ロボット」です。
 「iPhone」や「Androidスマホ」などと「Bluetooth」で接続して、「秒速2メートル」で転がるこのロボットを操縦したり、「専用アプリ」で遊ぶことができます。
 また、アプリ開発用の「SDK」が公開されており、プログラムで「ロボット」を制御できるのも魅力です。
 この記事では、「Xcode5」を使って、「Sphero」を動かす「iPhone用アプリ」の作り方を紹介します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について