Category Archives

Archive of posts published in the category: その他

【10 月号】はみだしI/Oマップ札幌

《連載》今月は、久し振りに札幌駅を出て、創成川の橋を渡ってすぐのお店から調査を開始です。

【10 月号】I/OプラザWEB版

《連載》「AI」で最近、製品化が進んでいるのが「スピーカー」。音声応答技術が組み込まれているのだとか。「今日はI/Oの発売日だよ!」と音声で教えてくれるスピーカーがあったら便利かも!?

【9 月号】はみだしI/Oマップ札幌

《連載》今日も掘り出し物を見つけにいろいろなお店に。しかし、暑い…。

【9 月号】I/OプラザWEB版

《連載》夏の嫌らしい生き物とも言える蚊。最近は、ドローン、IoT、クラウドを駆使して、蚊の撃退や根絶を行なう研究も進められているとか。
蚊を気にせずに夏を過ごす日も、そう遠くないのかも!?

【8 月号】【投稿記事】「正多角形の公式」とCADで探る「角の3等分」

《補足記事》「数学」と「宇宙」をつなぐ架け橋、Seek10の出版で、「ビッグバン宇宙の菅数論」を発表わして3年目です。
 「ビッグバン宇宙の菅数論」は、「自然数」を「正弦波交流」の1/2周期に置き換えて、「自然数倍周期」の「正弦波交流」を時間軸上に重ね合わせると、「自然数」の振る舞いが見える化して、時間軸上にすべての「素数」が現われると言うものです。
 そして、「菅数論の公式」を少し書き換えるだけで、「正多角形」を「複素平面」上に正確に描くための「万能公式」が出来ます。

【8 月号】太陽系形成論

《PDF》「太陽系がどうやって誕生したのか」についての理論体系のことを「太陽系形成論」と呼びます。
ところが、実はこれ、なかなか一筋縄ではいきません。

【8 月号】はみだしI/Oマップ札幌

《連載》ついに、マイクロソフトから、4k対応のゲーム機「Xbox One X」が発売されるというニュースが。「PS4 Pro」に対抗できるゲーム機として期待できそうですが、販売予定価格が5万円代とのこと。少し高いような気がします。
 また、残念なことに日本国内での販売予定がないので、海外から買うしか方法がないとは。はやく、国内でも販売してほしいです。

【8 月号】I/OプラザWEB版

《連載》「VR」は没入感が重要とよく言われますが、「海」(それも深海)のコンテンツとかがあったら面白そうですね。
誰か「VRスキューバダイビング」とか開発してくれないでしょうか。

【7 月号】ニコニコ超会議2017

《動画&写真》「ニコニコ動画」の“ノリ”を現実世界に再現する「ニコニコ超会議」。
今年は、「ロボット」や「技術書の販売会」のほか、「AR」「VR」の展示、最近登場した「マストドン」の紹介など、技術方面のイベントが多く開催されていました。

【7 月号】はみだしI/Oマップ札幌

《連載》例のランサムウェアによるサイバー攻撃のニュースには衝撃を受けました。マイクロソフト社から、対策用のソフトが配布されるということもあり、 他人事とは思えません。インターネットの利用には、信頼できる保護ソフトは絶対必要ですね。

【7 月号】I/OプラザWEB版

《連載》雨が多くなる季節ですが、最近は、「スマート傘」なるものが登場しているようです。「ドローンで頭の上に常駐する傘」も開発中だとか。
そこまでいかなくても、一定の距離で離れると音が鳴るような「盗難防止機能」くらいは付けておいてほしいですね。

【6 月号】【6月号】はみだしI/Oマップ札幌

《連載》札幌からアップルストアが閉店して落ち込んでいましたが、嬉しいことに、「ソニーストア札幌店」が四月から開店。主に、カメラやオーディオ、ビジュアル関係を扱うそうです。こんど、調査に行ってみますかね。

【6 月号】I/OプラザWEB版

《連載》アウトドアの季節ですね。この時期に試してほしいのが、家の中でやっていた暇つぶしを外でしてみること。
たとえば、タブレットに映画を入れて、キャンプ地などで鑑賞してみるだけでもだけでも、かなり新鮮に感じるのでお勧めですよ。

【5 月号】「エクセル」と「計算尺」で挑む「フェルマー定理」の証明

《補足記事》「フェルマー予想」が、1994年にアンドリュー・ワイルズによって証明された事は承知の上で、「フェルマーの定理」について別解を提案してみたいと思う。

【5 月号】I/Oプラザ WEB版

《連載》「AI」がいろいろなところで話題になっていますが、今後は「AI搭載」を謳う家電製品が大量に出てくる予感。
「エアコン」なんかは、すでに出しているメーカーもあるようですが、他にもいろいろあり得そうですよね。「冷蔵庫」とか「電子レンジ」とか…。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について