Category Archives

Archive of posts published in the category: プログラミング

【12 月号】「PIC」を使った「RGB-LEDテープ」点灯実験

 クリスマスの季節になると、個人の家庭でも家の周りや庭などに電飾をする人が増えてきます。
 そのとき使われるのが、多数のLEDをテープ状に連ねた、「LEDテープ」です。
 今回は、「RGB-LED」が1mに60個付いたものを、多色かつ多彩に点灯させる実例を解説します。

【12 月号】Pythonビジネスソフト開発

 Pythonの「追加モジュール」は使わずに、「標準モジュール」の「SQLite3」モジュールで顧客データベースを作って、「Tkinter」モジュールでGUI表を表示します。

【12 月号】Pythonで「Selenium」を使う

 近年、ブラウザを利用してクラウドやサーバなどから情報を入手する「Webアプリケーション」が増えています。
 「Webアプリケーション」は、ブラウザ上で動作するので、ブラウザを自動で制御できれば外部のアプリケーションとの連携も可能になります。

 ここでは「Selenium」というライブラリを使って、Pythonのコードでブラウザを「自動制御」する方法に触れます。

【11 月号】ROSでロボットプログラミング

「ROS」(Robot Operating System) は、フリーの「ロボット・フレームワーク」で、「Open Source Robotics Foundation」( オープンソース・ロボティクス財団、以下「OSRF」)によって開発されています。

【11 月号】スクレイピング

 「Selenium」を用いた「データ収集の方法」や「データ解析AIの作り方」について解説します。

【11 月号】プログラミングの玉手箱

一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
そんなものでも、見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
第9回目の今回は、最近、たくさんの技術が登場することで複雑怪奇になってきたプログラミング。
その習得に必要な「積み上げ」と「分解」について、お話しします。

【10 月号】「M5StickC」の始め方

 「M5StickC」は高度なマイコンと画面を搭載した、比較的安価なモジュールです。
 ここでは通信機能を実装するまでの開発の流れを書きます。

【10 月号】プログラミングの玉手箱 第8回

一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
そんなものでも見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
第8回目では、「エラーは出ないけれども、思ったように動かない」。そんなとき、原因を探るコツについて考えてみます。

【9 月号】プログラミングの玉手箱

一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
…そんなものでも、見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
第7回目の今回は、エラーが発生したときに、それを解消するコツについて考えてみます。

【8 月号】「情報家電」の普及と「OS」の進化情報家電を統合する分散環境の「HarmonyOS 2」

 保守的な設計思想の「Linux」に代わる、新アーキテクチャのOSが模索されています。
 本記事では、新発表の「Huawei HarmonyOS 2」(鴻蒙)から、今後のOSの方向性を見ます。

【8 月号】プログラミングの玉手箱

 一見複雑で、実現不可能に見えるもの。
 …そんなものでも見方を変えて工夫すれば、意外と単純なコードで実現できることがあります。
 第6回目は、「単純なループ」が性能に与える影響について考えてみます。

【7 月号】「結晶」の「エネルギーバンド理論」 「自由電子」の状態を把握する

「3次元シュレディンガー方程式」から「結晶」の「エネルギー」と「フェルミ・ディラック」の分布から、「自由電子」の状態を把握してみます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について