Category Archives

Archive of posts published in the category: 電子工作

【2 月号】ロボットを歩かせるための知識「二足歩行」の仕組みを考える

《PDF》ロボットの世界でも当たり前になった「二足歩行」ですが、この動作はどのような仕組みでなりたっているのでしょうか。ここでは、「二足歩行」の仕組みについて解説します。

【2 月号】「マシン・ビジョン化」 タミヤの『カムプログラム・ロボット』 の改造

《プログラム》ロボット工作セットに「マシン・ビジョン・モジュール」の「OpenMV Cam」を搭載して、カメラで状況を把握し、動き回るロボットの作り方を紹介します。

【1 月号】「Arduino化」タミヤの『カムプログラム・ロボット』 の改造

《動画》今年9月にタミヤから発売された「ロボット工作セット」にマイコンボード「Arduino」を載せて、「マイコン化」する方法を紹介します。

【1 月号】「ゲルマニウム・ラジオ」の作り方(補足解説)

《補足記事》『「ゲルマニウム・ラジオ」の作り方』の補足として、ラジオの基本原理について紹介します。

【1 月号】GR-LYCHEE

《PDF》「GR-SAKURA」「GR-PEACH」など、多くの国産マイコンボードを開発する「がじぇっとるねさす」が、新たなプロトタイピング用ボード「GR-LYCHEE」(ジーアール・ライチ)をリリースしました。

【12 月号】上モノフェス2017

《写真》長野県上田市で「メイカー」が交流できる展示・体験イベントが開催されました(10/8~10/9)。

【12 月号】ZUMOロボット

《動画》「クローラ・タイプ」のロボットは数多くありますが、「ZUMO」はその中で小型の部類に属しています。もともと「ロボット相撲」のプラットフォームとして作られたため、踏ん張りがきく、駆動力の強い足回りになっています。
また、ぶつかり合うことを想定して、筐体は衝撃に強く出来ています。
今回紹介する「倒立制御」の実験で、バランスを崩して倒れたり、姿勢を立て直すことができずに壁に激しくぶつかることがありますが、そのような場合でも壊れにくい、実験にはうってつけの「ロボット・プラットフォーム」です。

【11 月号】【投稿記事】 「ROCK64」を使ってみた

《補足記事》「Raspberry Pi 3」に歩み寄ったフリをして大幅にスペックが上の「ROCK64」を入手。
「人柱上等」と、さっそくチャレンジしてみました。

【11 月号】「WRO Japan 2017」

《動画&写真》世界の小中高生によるロボット競技界「WRO」の日本決勝大会が開催されました(9月17日)。

【11 月号】プログラミング戦車

《補足記事》プログラムで前後左右に動く、「プログラミング戦車」を作ります。

【10 月号】ショッカソン2017

《写真》「ショッカソン」は、今年で4回目を迎える、「新しい触覚体験の創造」をテーマにした開発イベントです。今回は、どのようなものが開発されたのか、その様子をレポートします。

【10 月号】FAB RACERS CUP 2017

《写真》改造した「ミニ四駆」などのマシンを走らせるレースが開催されました。ここでは、ユニークなマシンの数々を紹介していきます。

【10 月号】Maker Faire Tokyo 2017

《動画&写真》年に一度、全国の「メイカー」が集う祭典「Maker Faire」が東京ビッグサイトで開催されました(8月5日~6日)。法人、個人、大小さまざまなブースの中から、注目したものを紹介します。

【10 月号】子供のころの思い出が蘇る!?「エレキ定規」の作成

《動画》みなさんは子供のころ、定規を机にあてがって手で弾き、“ボロン、ボロン”と音を出して遊んだことはあるでしょうか。
“エレキ定規楽団”は、この定規による「演奏」を自動化する装置を開発しました。
この仕組みについて、詳しく紹介します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について