Category Archives

Archive of posts published in the category: 電子工作

【2 月号】「ワイヤレス給電」システムによる 「LED点灯」実験[後編]

 前回は、「ワイヤレス給電」の仕組みについて解説しました。
 今回は、実際に「ワイヤレス給電回路」を作って、点灯させていきます。

【1 月号】「ワイヤレス給電」システムによる 「LED点灯」実験[前編]

 電気を必要とする器具に、電源の線をつながずに電気エネルギーを供給する仕組みを「ワイヤレス給電」と言い、最近では、一般家庭用の電化製品でも、スマホの充電などで見かけるようになりました。
 今回は、この「ワイヤレス給電」の仕組みと、秋月電子から販売されている安価なパーツ(680円)で、LEDの点灯実験を行なってみたいと思います。今回は、面倒なプログラムも電子回路の組み立てもありません。

【12 月号】鉄道模型自動運転の実験

 TOMIXの「自動運転ユニットN」を使った「スイッチバック・パターン」のレイアウトについて、「複数の電車の運行」をしたり、「電車ごとの速度設定」ができる、「自動運転システム」を自作しました。
 制御コンピュータには、「Arduino」を使っています。

【11 月号】「100円ショップ・ガジェット」を 分解してみよう!

2019年9月、ダイソースマートフォンとBluetoothで接続できる「ワイヤレスヘッドセット」が300円(税別)で登場しました。
さっそく購入して分解します。

【11 月号】「Raspberry Pi」を使ってみよう【後編】

 「Raspberry Pi」の経験がない方を対象に、機材の用意からLinuxマシンとして動作するまでの作業を、手順を追って見ていきます。  10月号に続く、[後編]です。 英斗恋 You need ID and Pas…

【10 月号】「Maker Faire Tokyo 2019」

 「Maker Faire Tokyo 2019」は、強い日差しの中、8月のはじめの土日に開催されました。
 個性的なものから実用的なものまで、ありとあらゆるものを目にできるイベントです。
 ここでは、その一部をご紹介します。

【10 月号】「100円ショップ・ガジェット」を分解してみよう!

100円ショップのガジェットを分解する企画です。 今回は、ダイソーの「LEDコーナー」で、明るさで「自動ON/OFF」する「センサ付きナイトライト」を、200円(税別)で売っているのを見つけたので、これを分解していきます…

【9 月号】Raspberry Pi 4 Model B

 「シングルボード・コンピュータ」の中でも特に人気のある「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ)シリーズ。
 その新製品「Raspberry Pi 4 Model B」が発表されました。

【7 月号】鉄道模型工学

 「鉄道模型工学」の要となる「性能測定装置」の製作を暗中模索している中、なんとか安定的に計測できる装置になってきましたが、さらに簡単に測定する方法を考えるようになりました。

【6 月号】PID丸ノコを作ろう

 木材を垂直に切断できると、「DIY」でのモノづくりの幅が拡がります。
 切断に便利な「回転ノコギリ」(「回転数」を自由に制御できる丸ノコ)を自作する方法をご紹介します。

【3 月号】「コーヒー・ロースター」を作る

 自宅で、手軽に生豆を焙煎できる「コーヒー・ロースター」を作ってみました。
 製作費は、市販の「電熱ヒーター」や「回転ドラム」を含んでも8000円ほどですが、きちんと好みの焙煎ができます。
 製作は、それほど難しくないので、生豆を焙煎工程からやってみたい方は、1台作ってみてはいかがでしょうか。

【2 月号】PICで128×32 RGBドットマトリクスLEDカラー表示【前編】

 多くの人が毎日利用するJRや私鉄、地下鉄の車両には、行き先を示す「方向幕」というものがあります。
 前編である今回は、そこに使われている「RGBドットLEDパネル」を使った「128×32」の「方向幕」について解説をしましょう。
(作った「方向幕」の表示画像例:「https://www.youtube.com/watch?v=aIZscXYwQrU」 )

【12 月号】ジュークボックスを作ろう

 誕生日やクリスマスなど、いろいろな場面で簡単な「曲」を演奏できると、その瞬間がよりドラマチックになります。  その瞬間を盛り上げるための、「演奏デバイス」を作ってみましょう。 大橋 隆洋 You need ID and…

【10 月号】Maker Faire Tokyo 2018

「メイカーフェア」は、「東京ビックサイト」にあらゆる「作り手」が一同に集まり、お互いに認識し合う、年に一度の大きなイベントです。
ここでは数多くの展示の中から、いくつかをピックアップしてお伝えします。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について