Category Archives

Archive of posts published in the category: サウンド&イラスト

【5 月号】無料で触れる音楽制作ソフト「MU.LAB」

≪サウンド≫現在の音楽制作ソフト(DAW)は、「Logic」「Cubase」といった有料の定番製品が大きなシェアを占めています。しかし、初心者やDAWに触れてみたいといった人に向けた、無料で使えるDAWもいくつか存在します。
ここでは、「MU.LAB」(ミュー・ラボ)という無料DAWについて、その魅力を紹介していきます。

【3 月号】Audacity

≪PDF≫音を編集できるソフトとしては、主に「DAWソフト」「波形編集ソフト」「動画編集ソフト」などがあります。「Audacity」(オーダシティ)、はこのうち「波形編集ソフト」に該当します。

【2 月号】Pinnacle Studio

≪動画≫コーレルは、Windows用ビデオ編集ソフトとして「Pinnacle Studio」(ピナクルスタジオ)を発売しました(12月3日)。

【1 月号】SIGGRAPH ASIA 2015 KOBE

≪動画≫015年11月2-5日に神戸で開催された「CG・インタラクティブ技術」の国際会議、「ACM SIGGRAPH ASIA」。
その中でも先進・先端インタラクティブ技術のデモ展示である「Emerging Technologies」(E-Tech)を中心にレポートします。

【1 月号】「プロジェクション・マッピング」で遊ぼう!

《PDF》昨今は、「城」や「建物」から「サイコロ」まで、さまざまな「プロジェクション・マッピング」が行なわれています。
一見難しそうに見えますが、単純なものであれば、そうでもありません。城や建物とは言わないまでも、部屋の壁や自分の車、はたまた自分自身など、身近なものに気軽に投影して遊んでみましょう。

【1 月号】「サウンドエフェクト」(効果音)作りに役立つソフト

《PDF》効果音を編集するために必要なソフトは、大きく2つに分けられます。
ひとつは、「DAW」(Digital Audio Workstation)と呼ばれる「音楽制作ソフト」です。
市販のものから無料で使えるフリーのものまで、多くのDAWが存在します。
もうひとつは、「波形編集ソフト」と呼ばれるものです。

【12 月号】小型サウンドグラボ「PanCake」

【動画】「BASIC」が使える小型パソコン「IchigoJam」の拡張キットである「PanCake」の概要と使い方を紹介します。

【11 月号】Krita

≪PDF≫「Krita」はオープンソースで開発されている、無料の「ペインティング・ツール」。
無料でありながら、プロフェッショナル向けの有料アプリと比較しても遜色ないほどの高い機能があります。
ここでは、「Krita」のブラシについて紹介します。

【10 月号】Music Hack Day Tokyo 2015

≪動画&写真≫音楽と、さまざまなITテクノロジーを組み合わせる「ハッカソン」――「Music Hack Day 2015」が、六本木のHILLS GARAGEで開催されました(8月22日~23日)。昨年に続き、日本で2回目の開催となった本イベントについて、簡単に紹介します。

【10 月号】「サウンド・エフェクト」の作り方

≪音声ファイル≫現実に存在する音をマイクで録音して、それを素材として「効果音」を作っていきます。
現実の音を素材に使う最大のメリットは「リアル感」を演出できることです。
扱う作品のテーマが写実的、現実的であるほど、「生音」で作った効果音は効果を発揮します。さっそく、マイクを持って、録音していきましょう!

【10 月号】サウンドライブラリ「Mozzi」

≪PDF≫「Arduino」は、“定番マイコンボード”と言ってよいほどの存在になりました。従来の機能を拡張する、さまざまなライブラリが公開されているのも、選択の理由です。今回は、その中から、“音”に特化したライブラリ「Mozzi」(モズィ)を紹介します。

【9 月号】ポケットウォッチ風のサウンドガジェット「Pocket Operator」

≪サンプル≫スウェーデンの電子楽器メーカー「Teenage Engineering」が、少し変わったサウンドガジェット、「Pocket Operator」を発売しました。
今回は、この「Pocket Operator」の特徴を紹介していきます。

【9 月号】Unity&Puppet2Dの基礎

≪PDF≫ゲームエンジン「Unity」と、「Unityアセット」を利用した「2D」の「スプライト・アニメーション」、そしてそれを利用した「ゲーム」の製作の基礎を解説します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について