Category Archives

Archive of posts published in the category: サウンド&イラスト

【11 月号】東京ゲームショウ2016

《写真》日本を代表するゲームイベントとして、すっかり定着した「東京ゲームショウ」。海外からの注目度も年々上がり続けるこの祭典の、初日の様子をリポートします。

【11 月号】「実況動画」のつくり方

《PDF》「ゲーム」「料理」「DIY」などを題材として、「声」で解説する動画、いわゆる「実況動画」が増えてきました。ここでは、その中でも特に多い、「ゲーム実況」を例に、「実況動画」を作る際のポイントを見ていきます。

【10 月号】FL STUDIO

≪PDF≫「FL STUDIO」とは、ベルギーの「IMAGE-LINE」が作った、比較的安価で動作が軽快な音楽制作のための基本ソフトです。

【9 月号】REAKTOR 6

《オリジナルパッチ》「REAKTOR」は、「モジュール」を組み合わせていくことで「シンセサイザー」や「エフェクタ」などの音楽デバイスを作ることができる、「Windows/Mac」用のソフトです。PCで音楽制作をやっている人だったら、一度は耳にしたことのある名前かもしれません。
ここでは、「REAKTOR」がどういったソフトなのか、どのようなことができるのか、紹介していきます。

【8 月号】「PD Howler」「Effekseer」

《サンプルエフェクト》「エフェクト」は、ゲームや動画に必須と言えます。
ここでは、その「エフェクト」の作成を助ける「ペイント・ソフト」や「エフェクト作成ソフト」を紹介します。

【7 月号】「Live2D+FaceRig」でキャラクターになりきる!

《PDF》ここでは、「FaceRig+Live2D module」と「Webカメラ」を使って、自分で作った「Live2Dモデル」になりきってみる方法を解説します。

【6 月号】最新Webオーディオ事情

≪音源サンプル≫現在のWebサイトは、あらかじめ決められた情報を表示するだけでなく、ユーザーの入力をリアルタイムに反映することもできるようになりました。
ここでは、新しいWebの標準技術となりうるWebサイト上の「オーディオ機能」について触れてみます。

【5 月号】無料で触れる音楽制作ソフト「MU.LAB」

≪サウンド≫現在の音楽制作ソフト(DAW)は、「Logic」「Cubase」といった有料の定番製品が大きなシェアを占めています。しかし、初心者やDAWに触れてみたいといった人に向けた、無料で使えるDAWもいくつか存在します。
ここでは、「MU.LAB」(ミュー・ラボ)という無料DAWについて、その魅力を紹介していきます。

【3 月号】Audacity

≪PDF≫音を編集できるソフトとしては、主に「DAWソフト」「波形編集ソフト」「動画編集ソフト」などがあります。「Audacity」(オーダシティ)、はこのうち「波形編集ソフト」に該当します。

【2 月号】Pinnacle Studio

≪動画≫コーレルは、Windows用ビデオ編集ソフトとして「Pinnacle Studio」(ピナクルスタジオ)を発売しました(12月3日)。

【1 月号】SIGGRAPH ASIA 2015 KOBE

≪動画≫015年11月2-5日に神戸で開催された「CG・インタラクティブ技術」の国際会議、「ACM SIGGRAPH ASIA」。
その中でも先進・先端インタラクティブ技術のデモ展示である「Emerging Technologies」(E-Tech)を中心にレポートします。

【1 月号】「プロジェクション・マッピング」で遊ぼう!

《PDF》昨今は、「城」や「建物」から「サイコロ」まで、さまざまな「プロジェクション・マッピング」が行なわれています。
一見難しそうに見えますが、単純なものであれば、そうでもありません。城や建物とは言わないまでも、部屋の壁や自分の車、はたまた自分自身など、身近なものに気軽に投影して遊んでみましょう。

【1 月号】「サウンドエフェクト」(効果音)作りに役立つソフト

《PDF》効果音を編集するために必要なソフトは、大きく2つに分けられます。
ひとつは、「DAW」(Digital Audio Workstation)と呼ばれる「音楽制作ソフト」です。
市販のものから無料で使えるフリーのものまで、多くのDAWが存在します。
もうひとつは、「波形編集ソフト」と呼ばれるものです。

【12 月号】小型サウンドグラボ「PanCake」

【動画】「BASIC」が使える小型パソコン「IchigoJam」の拡張キットである「PanCake」の概要と使い方を紹介します。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について