Category Archives

Archive of posts published in the category: サウンド&イラスト

【4 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

「Fusion360入門だと物足りない!」という方に、ちょっとだけ難しい「中級難易度」の3Dモデリングを紹介します!
今回は、「ダイヤカットの指輪」を作ります。いろんな機能を使いますが、主に「サーフェイス」が活躍します。

【3 月号】BlackInk[ブラックインク]

ここでは、GPUを使った「ペイント・ソフト」である「BlackInk」を紹介します。

【3 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

「Fusion360」の「シートメタル」の応用編です。
「展開」を裏ザワ的に使うと、「曲面構造」がけっこう簡単に作れます。
今回は、どこから見ても曲がっている「多曲面のパネル」を作ってみました。

【2 月号】“ファミコン風サウンド”の「ミュージック・エディタ」 FamiStudio

 先月号で「FamiStudio」の概要を紹介しました。
 今回は、実際の楽器音などが扱える「DPCMトラック」の設定方法を解説します。

【2 月号】Spine[スパイン]

 「Spine」(スパイン)は、「2Dアニメーション」を作るツールです。
 「2Dアニメーション・ゲーム」に焦点を合わせたアニメーション制作ツールで、「ゲーム」や「映像作品」として利用するアニメーションを制作できます。

【12 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 「Fusion360」は、「モデリング」だけでなく、画像をきれいに見せる「レンダリング・モード」があります。
 そして、「レンダリング」では「光源」や「透明素材」を使って、光を表現できます。
 今回は、「光」をレンダリングして、「光る電球」を作る方法を、「モデリング」から「レンダリング」まで紹介します。

【11 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 「Fusion360」は、「ソリッドベース」の3D-CADですが、「サーフェイス機能」を応用すると「ジュエリーCAD」としても使うことができます。

 今回は、「サーフェイス」の基本機能を使って、滑らかな「ハートの指輪」を作ってみました。

 ポイントは、「3Dジオメトリ」と「スイープ」の組み合わせです。
 基本的な機能ですが、これを使うことで「ジュエリーCAD」的な形状を、簡単に作ることができます。

【10 月号】Twinmotion

 「Twinmotion」は、リアルな3D建築を、リアルタイムで表示できる「ビジュアライゼーション・ソフト」。
 2019年11月まで無償でダウンロードが可能で、それまでにダウンロードしておけば、それ以降も無償で使い続けることができます。

 ここでは、導入方法と主な特徴を紹介していきます。

【9 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 「Fusion360」でメインに使うのは、「モデル・モード」で行なう「ソリッド・モデリング」です。
 「ソリッド」は、「構造設計」などには便利ですが、「審美性」の高いものを作るのはちょっと難しいのです。
 「曲面」の多い、格好いいデザインを実現するには、「サーフェイス」の活用が必須です。

 今回は、「パッチワーク・モード」を使って、「マウス」作りに挑戦しました。
 もう、「ライノセラス」みたいなデザインCADがなくても大丈夫かも?!

【8 月号】Krita 4.2

「Krita.org」は、「ペイント・ソフト」の最新版、「Krita 4.2」をリリースしました。 タナカヒロシ You need ID and Password.

【8 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

Fusion360の「シートメタル・モード」は、「板金加工」のため機能ですが、応用してさまざまなモデルを作ることができます。   今回は、比較的新しい機能の「曲げ」を使って、好きなところでグニャグニャ曲げて、「ハート型の…

【5 月号】MUDBOX 2019

スカルプト系「3D-CG」ソフト

【5 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 「Fusion360」は、「キャラクター」を作ることが可能ですが、CGのような「ボーン」を設定した「アニメーション機能」はありません。
 
 しかし、Adobeのアニメーションサービス「Mixamo」(ミクサモ)を使えば、簡単にアニメーションができます。

【4 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

 クリエイターの立場であれ、そうでない立場であったとしても、「ロゴ」や「キャラクター」を「パス・データ」と指定される、または指定した経験のある方は多いと思います。

 「パス・データ」は容量が小さく、「解像度」に依存しない“スケーラブル”なデータとして非常に重宝されます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について