Category Archives

Archive of posts published in the category: プログラミング

【5 月号】「線形最小二乗法」と「最適解」

今回は、Pythonを用いて、観測されたデータから未知の値について、「線形最小二乗法」で、「最適解」と「真」の値を求めてみます。

【5 月号】「Node-RED」実践プログラミング 

今回は、「Node-RED」と「Watson API」を使って、「自作翻訳アプリ」を作ってみましょう。

【5 月号】Q#

マイクロソフトが「量子コンピューティング」のための、開発言語と開発キットを公開しました。

【5 月号】「Javaフレームワーク」とは

「Java」は論理的かつ規則的で、分かりやすい言語ですが、規則に従って手続きを書かなければならないのが面倒。このようなときに役立つのが、「フレームワーク」です。
 ここでは、代表的なものから新しいものまで、いくつかの「Javaフレームワーク」を紹介します。

【4 月号】未来の大阪の運動会

以前、本誌でも取り上げた「未来の運動会」ですが、今回は大阪で行なわれました。前回、山口のYCAMで行なわれた「未来の運動会」との違いを交えて紹介します。

【4 月号】PythonのAI開発ツール「Keras」でAIを作る

 Pythonラッパー「Keras」。いまのAIに欠かせない技術「深層学習」を比較的簡単に利用できます。これから何回かに分けて自分の考えたAIを作るためのノウハウを紹介します。  今回は、「Keras」の概要と導入方法と…

【4 月号】「Node-RED」実践プログラミング 

今回は、「Node-RED」を使って、「Raspberry Pi」から電話をかけてみましょう。

【4 月号】「複素フーリエ級数」と「インパルス信号」

「フーリエ級数」は、「正弦波」を使って、シンプルな信号にする解析です。今回は、「時間」と「周波数」に注目して、「インパルス信号」との関係を見てみましょう。

【3 月号】「クロス・スペクトル」と、さまざまな「周波数解析」

複数の信号を解析するには、「相関関数」というものを使います。今回は、2種類の「相関関数」から、多角的なアプローチで解析してみましょう。

【2 月号】波形データの「線形写像」

《プログラム》「波形データ」を行列に格納して、写像後の「ベクトル空間」がどのように変化するか、検証してみます。

【1 月号】《投稿記事》「3D描画」のための「ラスタライザ」のコーディング

《ソースコード》3D描画」では、「GPU」を使うことになるでしょうから、「スクリーン」に「ポリゴン」を描画する際の、「ラスタライザ」のコーディングに頭を悩ませることはないと思います。
ですから、今となっては数世代前の遺物ではありますが、ソフトでの「ラスタライザ」の実装について、お付き合いいただければと思います。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について