Category Archives

Archive of posts published in the category: ソフトウェア

【1 月号】音声編集ソフト「Adobe Audition」

《PDF》「Adobe Audition」(アドビ・オーディション)は、前節に挙げたすべての「音の加工」に対応できる「音声編集ソフト」です。

【1 月号】「InDesign」Tips [その35] ペーストの種類 ≪後編≫

《連載》今回は、前回に引き続き、「ペースト」の種類について解説します。

【12 月号】VR勉強会「JapanVR Fest」

《写真》日本科学未来館で、「VR」のイベント「JapanVR Fest」が開催されました(2016年10月29日)。
ここでは、その様子をお伝えします。

【12 月号】「InDesign」Tips [その34]ペーストの種類 ≪前編≫

《連載》「コピー&ペースト」。
選択した「文字列」や「オブジェクト」を「クリップボード」にいったん確保し、これを複製することを、こう呼びます。
コンピュータの基本中の基本と言える操作です。
「InDesign」では、この「ペースト」にも種類があります。
この「ペースト機能」を使い分けるか否かで、「InDesign」の効率が大きく変わります。

【11 月号】kintoneのつかいかた

《PDF》「kintone」は、「チームワーク・プラットフォーム」と呼ばれます。
しかし、ときには「表計算ソフト」になり、ときには「ワープロ」にもなり、そしてまたあるときには「メッセンジャー」にもなります。

【11 月号】「InDesign」Tips [その33] 「段抜き」の設定

《連載》「InDesign」でレイアウトを組むとき、強い味方なのが、「段組機能」です。
しかし、「見出し」だけは、「段」を「またい」で作りたいときがあります。
そんなときに活躍するのが、「段抜き」です。
これは「段組」を作っておきながら、特定の「段落」だけを、指定した「段数」だけ、「またいで」表示させる機能です。

【10 月号】「InDesign」Tips  [その32]「段組」を作る

≪連載≫ 「InDesign」の魅力のひとつに「段組」設定が自在である点が挙げられます。
 「Illustrator」でも「段組」の設定は可能ですが、「InDesign」と比べると機能的には劣ります。
 段組機能を駆使することで、オブジェクトの数を減らし、より軽い「InDesign」のデータを構築し、作業効率を上げる一助となります。

【9 月号】GTMF TOKYO 2016

《写真》「GTMF」(Game Tools & Middleware Forum)が、大阪と東京で開催されました。ここでは、東京会場の様子をお伝えします。

【9 月号】TYRANOSCRIPT

《PDF》「ゲームを作ってみたいけど、プログラミングの知識なんてないよ…」
そんな状態でゲーム開発を諦めていませんか?
「ティラノ スクリプト」を使うと、特別な知識がなくても誰でも本格的な「ノベル ゲーム」を作れるようになります。

【9 月号】「InDesign」Tips [その31] スウォッチのソート

《連載》2016年6月、「InDesign」の大型アップデートが行なわれました。
今回の「InDesign CC」の最大の変更点は、「見やすいUI」です。

【8 月号】『MongoDB』(モンゴ・ディービー)とは

《PDF》「MongoDB」(もんごでぃーびー)は、「MongoDB Inc」が中心となって開発している、オープンソースの「データベース管理システム」。
「NoSQL」類の1つであり、その中で「ドキュメント指向データベース」と呼ばれるものです。

【8 月号】OpenSCAD

《PDF》「OpenSCAD」は、3Dの立体データを作るための「3D-CAD」ソフトです。「オープンソース・ソフト」のため、無償で利用できます。

【8 月号】Adobe InDesign Tips [その30]テキストのアウトライン

《連載》「文字のアウトライン」というと、「Illustrator」の同機能が有名ですが、「InDesign」にも「アウトライン機能」はあります。

【7 月号】Cubase Elements 9

《PDF》「Cubase」(キューベース)シリーズは、ドイツのスタインバーグ社が開発した、本格的な音楽制作のためのソフトで、定番となっています。

【7 月号】VideoStudio X9

《PDF》「VideoStudio」(ビデオ・スタジオ)は、コーレルの入門~中級者向けビデオ編集ソフトです。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について