Category Archives

Archive of posts published in the category: ソフトウェア

【10 月号】OpenToonz

 アニメーション制作ソフト「OpenToonz」は2018年6月のバージョンアップで「v1.2.1」となり、多くの機能が、追加、強化されました。
 誌面の関係ですべては紹介できませんが、以下でUI関連の変更点をいくつかピックアップして紹介します。

【10 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

 電子書籍の形式は、「フィックス型epub」と「リフロー型epub」の2種類があります。
 内部構造的には同じ「epub」であり、「XML」と「HTML5」「CSS」で作られていることには変わりません。
 しかし、特別なコーディングを必要とせずにKindle出版は誰でも簡単にできます。

【10 月号】フリー構造解析ツール「PrePoMax」

「PrePoMax」(プリポマックス)は、「CalculiX」という従来から評価の高い「オープン」の「CAEツール」を組み込んだフリーの「構造解析ツール」で、商用の「CAE」に匹敵する、非常に使いやすい操作を実現していま…

【8 月号】「Open Source Summit Japan 2018」参加レポート

 「Linux Foundation」が主催する「Open Source Summit Japan 2018」が、東京の有明で開催されました(2018年6月20日~22日)。
 Linuxをはじめ、「仮想化」「コンテナ」「ブロックチェーン」「IoT」など、オープンソースのプロジェクトの紹介や、技術解説、問題の共有など、さまざまなセッションがありました。

【8 月号】Fusion360

「Fusion360」で部品を組み合わせる「アセンブリ」を行なうには、「ジョイント」を使う必要があります。

しかし、「Fusion360」の中でも「ジョイント」は分かりづらい機能として知られています。
そこで、「剛性」から「平面」まで7つの「ジョイント」を練習できるトレーニング課題を作ってみました。
「ジョイント」を使いこなせば、こんな動きを実現できます。

【8 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

 「PDF」は、現在、もっとも普及している電子書類のフォーマットです。
 便利であるがゆえに、流用されてしまったり相手に二次利用されたりといった話も耳にします。
 そういった二次利用を防ぐために自分のデータは自分で守りましょう。

【6 月号】クリエイターズ・マストテクニック

《連載》「Lightroom Mobile」は、「スマートフォン版」でありながら、「RAW」の撮影と編集に対応しています。
「RAW撮影」は、「JPEG」などの従来の画像フォーマットと異なり、カメラのレンズが捉えた情報をすべて劣化せずに保持するもの。
ファイル容量こそ巨大ではありますが、画像編集の自由度が高く、クオリティの高い写真を用意できます。

【6 月号】「ミュージック・トラッカー」で音楽制作

「MilkyTracker」で音楽を作っていきましょう。「楽器」の設定と、音の高さと鳴るタイミングを入力した「パターン」(シーケンス)を作ります。

【5 月号】Adobe XD

「Adobe XD」(アドビ・エックスディー)は、「Photoshop」や「Illustrator」で有名なAdobe社がリリースした、「プロトタイピング・ツール」です。

【5 月号】「Song Maker」

Googleが提供する「Song Maker」は、ブラウザで動作する「シーケンサ」。お絵かき感覚で、簡単に楽曲を制作できます。

【3 月号】クリエイターズ・マストテクニック

《連載》「Lightroom Mobile」は、「スマートフォン版」でありながら、「RAW」の撮影と編集に対応しています。
「RAW撮影」は、「JPEG」などの従来の画像フォーマットと異なり、カメラのレンズが捉えた情報をすべて劣化せずに保持するもの。
ファイル容量こそ巨大ではありますが、画像編集の自由度が高く、クオリティの高い写真を用意できます。

【3 月号】KiCad

「IoT」向けの開発が、一般的になってきたのにともない、「プリント基板」を自作して使うことも増えてきています。ここでは、「プリント基板」を設計するためのソフト、「KiCad」を紹介します。

【1 月号】〈Facebook〉「AR Studio」ワークショップ&ハッカソン取材レポート

《写真》FacebookのAR開発環境、「Facebook AR Studio」を使ったハッカソンが開催されました(2017年11月11日~12日)。ここでは、その様子をお伝えします。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について