Category Archives

Archive of posts published in the category: ソフトウェア

【3 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

「テキスト・エディタ」で編集していると、よく目にする「制御文字」(不可視文字とも)ですが、正しく理解していますか?
昨今、「Adobe Illustrator」や「Photoshop」でも「制御文字」が表示されるようになりました。この「制御文字」を把握することで、テキスト編集の効率を上げましょう。

【3 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CAD Fusion360

 人気の3D-CAD「Fusion360」ではジュエリーを作ることもできます。
 今回はスタンダードなデザインの「指輪」の作り方をご紹介します。

【3 月号】簡単に「3D」と「写真」「ロゴ」を合成「Adobe Dimension CC」

今回は、「屋外広告」や「サイン」などのグラフィックを、「Dimension CC」の機能で実際の「写真」と合成してみましょう。

【3 月号】Google Earth Studio

 日頃「Google Maps」や「Google Earth」を愛用しているユーザーも多いかと思います。
 とくに「Google Earth」の表現力は、都心のビル群やランドマークの正確さから、大自然が広がる山脈や砂漠の雄大さに至るまで、じつに見事に「地球」をシミュレートしており、世界最高クラスの「地球の3Dデータ・ファイル」だと言えます。

 その「Google Earth」がもつ「3Dデータ」を利用して「映像アニメーション」を作ることができる「Google Earth Studio」(以下、Earth Studio)がリリースされました。

 「Earth Studio」は、完全に「ブラウザ・ベース」の「アニメーション・ツール」として公開されており、MacやPCなどデスクトップ版の「Google Chrome」で利用できます。

【2 月号】簡単に「3D」と「写真」「ロゴ」を合成「Adobe Dimension CC」

 今回はWeb用のバナーグラフィックを「Dimension CC」を使って制作します。  「文字」や「装飾パーツ」「背景イメージ」を含め、すべて「Dimension」を使って制作し、レンダリングすることで奥行き感があり、…

【2 月号】実質無料で驚異の高機能3D-CADFusion360

 「Fusion360」でも、ちょっと取っつきづらいのが、「サーフェイス」を扱う「パッチ・モード」です。
 しかし、この「パッチ」を使いこなすと、実はいろいろな形が作れるようになります。

 今回は、こんな感じの「メッシュ・デザイン」の指輪を「パッチ・モード」で作る方法を紹介します。

【2 月号】「レンダラー」の役割

本誌でも「3D-CGソフト」についてご紹介する機会が多かったのですが、その多くは「モデリング・ソフト」でした。
今回は、「3D-CG」を楽しむ上で、「レンダラー」がどのような役割なのかを、紹介していきます。

【2 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

[今回の対象]  すべてのクリエイター [使用] Googleアカウント  現在のクリエイターにとって欠かせない道具と言えるのが「オンライン・ストレージ」です。  「Dropbox」や「OneDrive」、そして「Goo…

【1 月号】DJIフライトシミュレーター

「DJIフライトシミュレーター」は「ドローン」のメーカーとして有名な「DJI」(中国)が提供しているドローンの「シミュレータ」です。
ここでは、その導入方法や簡単な紹介をしていきます。

【1 月号】クリエイターズ・マスト・テクニック

[今回の対象]  グラフィックデザイナー、Webデザイナー [使用] Photoshop  「Adobe XD」が次第にシェアを伸ばしているものの、「Adobe Photoshop」でのWebサイトやモバイルアプリのデザ…

【1 月号】簡単に「3D」と「写真」「ロゴ」を合成 「Adobe Dimension CC」

 「Adobe Stock」で無料公開されている「3Dモデル」を活用して、オリジナルの「宇宙シーン」を制作してみましょう。
 自分でモデリングするのが大変な「宇宙船」や「惑星」などは、モデルの3Dオブジェクトを利用して配置し、照明などを指定するだけで、簡単にビジュアルを作り出せます。

【1 月号】XISMO 2

 「VRcat」や「バーチャルYouTuber」「unity」など、さまざまな用途で「3Dデータ」の需要が高まっているように思います。

 3D-CGはかつて、「高い」「難しい」というイメージで個人で取り組むにはハードルが高い印象もありました。
 ところが、昨今では「低価格帯」や「無料」の「3D-CGソフト」も見受けられるようになり、ハードルはぐっと下がりました。

 今回、紹介するのは「XISMO」という無料の3D-CGソフトです。
 「3D-CG」の需要が高まっている今、「3D-CGソフト」の選択肢の1つだと思います。

【1 月号】FreeCAD

「FreeCAD」は「Windows」「Linux」「macOS」で動作する、「オープンソース」のパラメトリックな「3 次元CAD」。
誰でも、自由に、ウェブからダウンロードして使うことができます。

ログインする

月号

I/OWEB版について

※該当月の記事を読むには、その号に掲載してあるIDとパスワードが必要です。
※はじめにお読みください
※有料分について