「エフェクト」を作る方法は、1つしかありません。それは、「描く」ことです。
大友克洋監督の「AKIRA」という作品があります。1985年公開で、当時はCGというものがまだ実用的ではなかったので、すべてのエフェクトが人手で描かれています。
画面全体の情報量や、煙、爆発などに、圧倒された方も多いのではないでしょうか。

■ 遠藤 有(フーモア)

You need ID and Password.