Appleのプログラミングでは、「Unicode」を使った自由奔放なコードが書けます。今回は、この例を、文字列の扱いが簡単になった「Swift」(スイフト)で確認しましょう。

■ 清水 美樹

You need ID and Password.