現在多くの装置が、「危険を知らせるため」や、「なんらかのアクションを使用者に促すため」に、発声しています。
また、自動販売機が商品購入後に女性の声で「ありがとうございます」と発声しています。
そこで、「温度測定回路ボード」と「距離測定」ボードを製作し、測定した「温度」と測定した「距離」を任意の時間周期で繰り返し発声する装置を作ってみました。
その仕組み、回路、プログラムを紹介します。
もしかしたら、ロボットなどにも応用できるかもしれません。

■ 川口 昌良

You need ID and Password.