台頭する「AMD」 

―変わるCPU勢力図

 パソコンの発展とともに、進化をとげたCPU。この数十年間、「パソコンのCPU=インテルのCPU」と、当たり前のように語られてきました。ところが、インテルの供給不足や、AMDのシェアが拡大によって、CPU市場が大きく変わろうとしています。
 AMDが第3世代「Ryzen」の販売を開始。「7nmプロセス」の新アーキテクチャ「Zen2」を採用するなど、インテルが出荷する「10nmプロセス」CPUよりも技術面で一歩リードしています。
 AMDがインテルCPUの独壇場を崩し、業界トップのCPUメーカーとして君臨するのでしょうか。

他の記事など

こちらよりお買い求めください!