「スピーカー」の「音」は、「外耳」を通り「鼓膜」へ到達することで認識できます。
 「音の方向」や「知覚」のために必要な特性が、「頭部 伝達 関数」です。
 「頭部」や「外耳」の「インパルス応答」と「伝達関数」の求め方を解説していきます。

君島 武志

You need ID and Password.