次世代技術とセキュリティ

「非接触ICタグ」 「ビッグデータ」「IoT」

 「モノのインターネット」(IoT)は、今や日常のいたるところで使われるようになりました。
 インターネットにつながっている、という自覚なしに、それらを扱う人もいるでしょう。

 今では一般的となった交通系ICタグや、図書館などで扱われる「RFID技術」、大多数の傾向を見る「ビッグデータ」など、「IoT」を介して、私たちの目に見えないところで多くのデータがやり取りされています。

 何気なく「ただ便利なもの」として使っている「IoT」ですが、それらがいったいどのようにして、どのようなデータをやり取りしているか、深く考えている人はあまり多くないかもしれません。

 今回は、身近にある「IoT機器」がどのような仕組みでデータを扱っているのか、また、そこにどのような問題やリスクが存在するのか、どのようにすればリスクを減らせるのかなどについて考えます。

こちらよりお買い求めください!