「音」に「リバーブ」(reverb:残響)や「ディレイ」(delay:遅延)をかけるにはフィルタを通すことになります。
 加工された「音」は、「振幅パンニング」(panning:音像定位を変化させること)によって、どのように分配されるかを調べることができます。
 「音」のデータを使って実験してみましょう。

君島 武志

You need ID and Password.