前回は、「word2vec」を使って、指定した次元の「ベクトル」で単語を表現できました。
 
さて、これまでは簡単なネットワークしか扱ってきませんでしたが、今回で、最後ということで、「Keras」「でも複雑なネットワークを作ることできることを体験してみましょう。

友近 圭汰

You need ID and Password.