今回は「Illustrator」で作った「グラフィック・パーツ」を使って、「Dimension CC」上で「パッケージ・デザイン」を組み立ててながら作っていきます。
 この方法には、複数のグラフィックを重ね合わせたり、さまざまな方向から仕上がりを確認できるというメリットがあります。

樋口 泰行

You need ID and Password.