前回は、「RGBドットマトリクスLED」で、7色表示の「列車方向幕」を作る例を紹介しました。
 「RGB」の各色を単純に組み合わせると、「黒」を除いて「7色」の表示ができます。

 これだけでも、かなりバリエーションのある表示が可能になります。
 今回はさらに、ハードウェアには一切手を加えず、ソフトウェアだけで、理論上は「64色表示」まで拡張する方法について解説します。

神田 民太郎

You need ID and Password.