「人物」に合わせた無機質なトーンの「背景画像」を用意しようとしても、「人物」と「画角」や「影の方向」などが合わないものが多いため、膨大な「ストック・フォト」の中から合ったものを探すのも、一苦労です。
 「Dimension CC」を使えば、「背景」のステージを「基本的な図形」の組み合わせで作成でき、「カメラ」で「方向」を変えたり「光のトーン」や「影の方向」も指定できます。
 さらに、「PSD」として書き出されるので、「人物の写真」を切り抜いて「合成」や「補正」をするのも容易だと言えます。

樋口 泰行

You need ID and Password.