【特集】「巨大」vs「微小」技術―身の回りの「スケール」をチェック!―

 ここ数年で、技術やデータの「巨大化」「微小化」がもの凄いスピードで進んでいます。
 「巨大」な単位として「ヘクサ」や「ペタ」などがありますが、これらは、「ビッグデータ」「スパコン」「量子コンピュータ」などのデータの大きさの単位などに使われています。
 また、「微小」を表わす「ナノ」や「ピコ」は、「MEMS」を代表とする「ナノテクノロジー」や、半導体のプロセスルールなどで耳にしたこともある人も多いでしょう。

 ここでは、「巨大」と「微小」、この両極端にある技術をいろいろな角度から比較していきます。

 こちらよりお買い求めください!