【特集】リアリティ技術「XR」―実用化する「VR」「AR」「MR」

 「PlayStationVR」や「HoloLens」などのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)や「VR ZONE SHINJUKU」といった「VR施設」の登場で、盛り上がってきた「XR」(VR/AR/MR)業界。

 これらの技術が使われるのは、ゲームやエンターテイメントだけではありません。
 たとえば、「VR」(Virtual Reality:仮想現実)技術は、遠く離れた地域や工事現場などの映像を映し出せば、テレイグジスタンス(遠隔臨場感)による遠隔操作も可能になります。
 また、「AR」(Augmented Reality:拡張現実)は、目の前に道順のナビゲーションを表示したり、観光名所の解説や古城の復元など、より価値の高い情報を付加できます。
 さらに「MR」(Mixed Reality:複合現実)は、医療や飛行士訓練における「シミュレーション」に役立っています。

 ここでは、これらの「リアリティ技術」について、実際にその第一線で活躍している人たちが、活用事例なども含めて、詳しく解説します。

 こちらよりお買い求めください!