「相関関数」は、複数の信号に対して用いられ、通信や画像処理などに応用されます。また、「線形予測」は、工学分野や気象など幅広く使われています。
今回は、この2つがどのように関わっているか、数式を見ながらプログラミングに応用していきます。

君島 武志

You need ID and Password.