■ ディスク・ベンチマーク

 先に述べておきますが、このシステムで、「ディスク・ベンチマーク」を実施することは、あまり意味がありません。
 なぜかというと、「ベンチマーク・データ」のみがキャッシングされるため、平均的な使用感は計測できないからです。

 ただし、各ドライブの最大転送速度を把握することは必要なので、データを掲載しておきます。

HDDでの計測結果

HDDでの計測結果

SSDでの計測結果

SSDでの計測結果

「Optaneメモリ」での計測結果

「Optaneメモリ」での計測結果