インテルの「Optaneメモリ」に対応するパソコンでは、「HDD」でも「SSD」並みに起動が速く、使用感も快適になると言われています。今回は、実機での使用感を紹介します。

初野 文章

大容量HDDの高速化

 「SSD」が安価になり、普及し始めていますが、大容量の製品は今もって高価です。
 特に1TB以上の容量になると、価格が跳ね上がり、気軽には使えなくなってきます。

 そこで「SSD」ではなく、「大容量のHDD」を高速化する仕組みが、いくつも登場しています。

● ReadyBoost

 古くは「USBメモリ」をキャッシュに使う「ReadyBoost」がありました。
 しかし、あまり効果はありませんでした。

● SSHD

 そこで、「HDD」に「SSD」を組み合わせ高速化する仕組みが出てきました。

 1つ目は、HDDの制御基板にSSDを搭載し「キャッシュ・メモリ」とする「SSHD」です。
 このドライブは、OS依存しない製品が多く、軽便に効果を生みますが、「キャッシュ・アルゴリズム」が限定的なこと、「シリアルATA」がボトルネックとなり、性能向上の効果も限定的でした。

 そこで、次に登場したのが「SSD」を「HDD」と組み合わせ高速化する手法です。

 この方法は、好きな「SSD」と「HDD」を組み合わせることができるので、便利な手法ではありますが、「OSへの依存度」が高くなるため、環境が整わないと利用しにくい、というデメリットがあります。

 しかし、OSがキャッシュ制御に介在するため、高速化の効果が大きい点がいちばんのメリットといえるでしょう。

フラッシュメモリを利用した高速化の技術

OS依存度効果起動速度改善度ハード環境依存度費用安定性形態
ReadyBoostUSBメモリ
SSHDHDD内蔵
ラピッド・スタート・テクノロジーSSD
OptaneメモリM2型専用SSD