【特集】「GPIO」汎用I/Oポート 徹底研究

 最近の「小型マイコンボード」などの影響で、「ボード」と「センサ」などをつなぐ、デジタル信号の「出入り口」に触れる機会も多くなってきました。
 これが「GPIO」(汎用I/O)です。

 ただ、「GPIO」は、その数も種類もボードによってマチマチで、その役割を理解するのに苦労している方もいるかもしれません。

 ここでは、「GPIO」の「しくみ」や「種類」の解説から、「PIC」「Raspberry Pi」「Arduino」といったボードごとの「GPIO」の違い、それを使った実際の電子工作まで含めて紹介しています。
こちらよりお買い求めください!