今回は、「Fusion360」の自由度の高い「モデリング機能」を使って、製品レベルの「3Dデータ」を作ります。
そのため、「モデリング」だけでなく、部品同士の「干渉チェック」も行ない、「3Dプリント」して、ちゃんと可動させるようにします。
テーマは、「家のような形のティッシュケース」です。

■ 佐々木康友(メイカーズファクトリー)

You need ID and Password.