「リーマン予想」の証明

 正弦波の周波数をn[Hz]とすると、その半周期は、

$$\frac{1}{2n} [s]$$

になります。

 この半周期を「自然数1」と置いて周期が「2倍3倍・・・・・n倍」という「正弦波」を重ねていくと、次のようになります。

■ n=10倍の場合

 「n=10倍」まで重ね合わせれば、最大周波数10[Hz]半周期が「1/20」となり、この半周期を「1」として、その10倍の半周期は、

$$\frac{1}{20}×10=\frac{1}{2}$$

になります。

■ n倍の場合

 n倍まで倍振動を重ねれば、「最大周波数n[Hz]」の半周期が「1/2n」となり、この半周期を「1」として、そのn倍の半周期は、

$$\frac{1}{2n}×n=\frac{1}{2}$$

になります。

 つまり、リーマンが予想したように、倍振動をn倍まで重ねていくと「0」から「0.5」の間に「自然数」「1」から「n」までに配置される「素数点」が現われる、ということです。
 
 これを「∞倍」まで計算すれば、「0」から「0.5」までの間にすべての「素数点」が現われると予想したのが「リーマン予想」です。

 やってみましょう。
 
 ∞倍まで倍振動を重ねれば、「最大周波数∞[Hz]」の半周期が「1/2∞」。
 この半周期を「1」として、その「∞倍の」半周期は、

$$\frac{∞}{2∞}=\frac{1}{2}$$

となり、「∞」は相殺されます。
 数学者を悩ませ続けた「∞の壁」を超えて、私達人間の目でも、わずか「0」から「0.5」(秒)の間の時間軸に、「0」から「∞」までの間のすべての「素数点」が現われていることが分かります。

∴リーマン予想は正しい
リーマン予想QED
ビッグバン宇宙の菅数論 – 発想力教育研究所 「素数」誕生のメカニズム

リーマン予想 証明完了! – 発想力教育研究所 「素数」誕生のメカニズム