■ メイドさんをつくろう!

 こちらは、去年に引き続きの出展。美少女の3Dモデルにいろいろな衣装を着せて、自分の好きな格好をさせるコンテンツです。

女の子の服や髪型を自由にカスタマイズ

 去年は、コントローラとして「PlayStation Move」を利用していましたが、こちらも「Oculus Touch」を使う形に変わりました。

去年の展示では、「PlayStation Move」をコントローラとして使っていた

 また、余談ですが、当日は海外勢の参加者も多数いたのですが、特に人気が高かったのが、このコンテンツだったようです。

■ BLAST×BLAST

 VRコンテンツとしては王道の、「シューティング・ゲーム」です。

 こちらも去年から引き続きの出展となりますが、今年は「VRライドシミュレータ」を利用することで、細かい振動を再現。ロボットや飛行機に乗っているような感覚をプラスしています。

 なお、このコンテンツについては、ドスパラや埼玉県越谷市のイオンレイクタウンなどで、実際に遊ぶことができます。