近未来のハードを作るためのハッカソン&コンテスト、「GUGEN」も4年目を迎えました。今回の展示会は、秋葉原コンベンションホールで開催されました(2016年12月18日)。

■ 一条 真人

「GUGEN」とは

 「GUGEN」は、現実世界の目の前にある課題の解決を主眼とし、新しい製品を作るハードのコンテストです。世の中にない、新たな価値を提供するプロダクトを見いだし、製品化の手伝いをすることを目的としています。
 そのため、出展されているものは、先の未来を考えたものというよりは、身近な課題を解決しようという作品が多いのが特徴です。

 以下に、今年の展示会で特に気になった作品の一部を取り上げていきます。

キュウリ仕分け機

 野菜の「キュウリ」は、サイズや曲がり具合などによって、商品のクラス分けが決められていることを知っていますでしょうか。この仕分けは、人力で行なっているのですが、経験が必要で、時間もかかります。
 その作業をデジタル化して、時間短縮を図ったのが、この「キュウリ仕分け機」です。

サイズやランクを情報として表示する

 所定の場所にキュウリを置くと、数秒で仕分けに必要なパラメータを判別し、仕分けしてくれます。その判別には、「ディープ・ラーニング」の技術も使われています。
 出展されていたものは単純に判別し、その情報を表示するだけのものでしたが、ベルトコンベア駆動のかごを動かし、実際に分類できるものが、すでに試作されているとのことです。

遊べる車椅型ノリモノ「Exo-Wheel」

 「Exo-Wheel」は、「従来の電動車椅子」よりも人間の意思をよりスムーズに反映して、スポーティな移動ができるというものです。理論上の最高速度は、実に「時速30キロ」と超高速です。

新感覚のスポーツなどに向いている印象

 ジョイスティックのようなコントローラで操作するほか、左右への旋回はスキーのような足の動きでコントロールすることも可能となっています。