VR技術が普及してくると、その仮装空間中のモノに触りたいというニーズが高まることは間違いないでしょう。
ところが、触覚を提示できる装置はまだ少なく、値段も数万円~10万円以上で、手軽に試せるものではありません。
そこで本記事では市販の部品を使って安価に作れる「触力覚デバイス」を紹介します。

■ 竹内 伸(たこぴん)

You need ID and Password.