30回目の開催となった「ET 2016」(Embedded Technology)。
今回は、「IoTブーム」を受けて、ネットワーク接続を意識した出展が例年よりも多いという印象がありました。

■ 某吉

コーヒーを注ぐロボットアーム

 このロボットアームはお湯を微妙な角度で注ぎ続けるといった、人間にはできない動きを再現でき、より美味しくコーヒーを淹れることができるという話でした。

コーヒーを淹れるアーム。光沢感が溢れている。

サブギガバンド対応マルチポップ無線

 920MHz帯といういわゆる「サブギガバンド」と呼ばれる周波数帯を利用した長距離伝送可能な無線通信ユニットのデモ。
 免許不要で、1kmほどの距離で通信でき、工場のような広い敷地であっても、通信が可能になるという利便性があります。

小型ながら伝送距離は長い

車載用DSD再生システム

 音楽をより高音質で聴きたいというオーディオファンの増加によって、ハイレゾオーディオ機器は増えています。

 このデモではUSBメモリにあるDSDファイルを「PCM」変換します。
 「PCM」に変換することで、既存の車載オーディオに搭載されている「DSP」によるノイズキャンセリングなどと組み合わせることも可能で、良い音で音楽を楽しめます。

PCMへの変換で既存のオーディオシステムと統合しやすくなる