「OpenToonz」(オープントゥーンズ)は、アニメーション映像を作るためのソフト。
アニメーション制作に必要な機能を一通り備えた統合環境で、「作画」から「彩色」「合成」「ムービー出力」まで可能です。
オープンソースで、誰でも無料で使えます。

■ 泉津井 陽一

「OpenToonz」とは

 「OpenToonz」の源流は、イタリアのDigital Video社が商用の製品として開発した2Dアニメーション制作ソフト「Toonz」。
 「Toonz」はアニメーションの制作に必要な各種の工程を行なうための機能を備えたアニメーション制作統合環境ソフトです。

 「Toonz」は当時デジタル処理を使うことになった「もののけ姫」を制作中であったスタジオジブリに導入され、一部のカットで使われて以降、ほぼすべての作品で使われています。

 また、後にスタジオジブリの制作環境に合せて独自にカスタマイズした「Toonz GHIBLI Edition」が開発されました。
 現場のプロフェッショナルの要望に応え、劇場クオリティの作品を作ることも可能な、さまざまな機能を備えています。

 「OpenToonz」は、この「GHIBLI Edition」をベースに両社の協力を得たドワンゴが「オープンソース・プロジェクト」として公開したものです。

  エフェクト開発のSDK(開発キット)も公開されており、これを使って独自のエフェクトを開発して「OpenToonz」に組み込むことも可能になっています。

エフェクト

 「OpenToonz」には、多くのエフェクトが用意されています。

■ 合成 Over Ino

[分類]Layer_Blending_ino
 2つのカラムを合成する、最も基本的なノードです。
image1

■ 明るさとコントラスト BrightnessContrast

[分類]Image_Adjust
 画像の明るさとコントラストを調整します。
image2

■ 透明度 Tranceparency

[分類]Layer_Blending
 入力したノードの「透明度」を変更します。
image3