前号で3Dモデルがすべて完成しました。
今回は3Dプリント用のデータへの変換を行ない、いよいよ3Dプリントをして完成させます。

■ sisioumaru

スケール合わせ

 まず、現実の寸法に合わせてウサギモデルのデータ寸法を修正します。

 前号の時点ではダミースマートフォンに対して、下図のようにウサギのモデルが巨大になっていると思います。
image1

 そこで、「ダミースマートフォンに合うようウサギモデルを縮小します。


[1]まず、ブラウザ内のウサギパートを選択します。
 下図のようにマニピュレータを「拡大縮小」モードに変更します。
image2

 透視図でマニピュレータ中央の四角をマウスでドラッグすると、ウサギモデルを「拡大・縮小」できます。

[2]次に、マニピュレータを「統合」モードに戻し、スマートフォンのモデルを実際に乗せた場合を想定した、位置や角度に変更してみます。
 「Shade3D」の作業画面右下に座標やスケールが表示されるため、こちらも参考にします。
image3
 image4