XYZプリンティングジャパン社は、多種多様な3Dプリンタ「ダヴィンチ シリーズを発売しています。
その中でも、とても安く楽しめるのが、「ダヴィンチ 3Dペン」(6,480円)です。

■ 西村 太一

ペン型の3Dプリンタ

 通常、3Dプリンタは4万円台~数百万以上するものもあり、精度や材質によって違いが出てきます。ただ、基本的には、何層もプラスチックを重ねることで立体を作り出す方法を採用しているものが多いです。

 それと同じ(近い)材質の「フィラメント」を利用し、ペン先から出力することで、何層も重ねて形を作っていきます。

 3Dデータを参考に細かな動きをする大型のプリンタと違い、自分で動かさなければならないので、良い形できるかどうかは、作成者次第です。

「da Vinci 1.0」のプリント映像。台が下のほうに動き、上部の出力先からフィラメントが出てきている。

体験!

 今回は、実際に「ダヴィンチ3Dペン」を使って、「初心者が使うとどうなるか」を再現してみたいと思います。

 パッケージの中には、「本体」と「電源用のコード」が1セット入っています。
image4

 本体は何かあった場合の確認用に内部を見ることができます。
image5

 先端部分が熱くなりフィラメントを溶かす構造です。
 やけどしないように注意しましょう。