◆「最小二乗法」です。
 「実際の値」と「推定値」の誤差の二乗和が最小になるように直線を引きます。「フーリエ変換」のデータを1次曲線でフィットさせてプロットしています。
  「Show[ ]」で、元のデータと重ねます。 

測定結果①

測定結果①

◆それぞれのデータの「分散」を表示します。
 「標準偏差」を2乗したものです。

◆同じデータで「標準偏差」を表示します。
 分布の代表値を平均として、分布の広がりの大きさを見ます。

◆「分散」と「標準偏差」の値を利用して、さらに「分散分析」をします。

 「ANOVA[ ]」は、「< <ANOVA`」とパッケージをロードしてから使います。
 3つ以上の平均値を比較しま。

◆「カイ二乗検定」です。
 主に「人数」や「個数」「回数」など、質的なデータを検定します。

 「PDF[ ]」は「確率密度関数」、「CDF[ ]」は「累積分布関数」です。

測定結果②

測定結果②


12