東京ビッグサイトで、メイカー(自身の手で面白いものを作り出す人)の祭典、「Maker Faire Tokyo 2016」が開催されました(2016年8月6日~7日)。
企業、個人、さまざまな工作が一同にそろったイベントの様子をお伝えします。

■ 一条 真人

「Maker Faire」とは

 「Maker Faire Tokyo」は、世界的なMakerイベントである「Maker Faire」の日本版です。
 展示される工作物は、必ずしも商品レベルのものばかりではありません。いわゆる「プロトタイピング」のような実験的なものも展示されており、人々の興味を集めていました。

主催は「オライリー・ジャパン」

主催は「オライリー・ジャパン」

親子連れ向けのブース

 会場には、親子連れでも気軽に参加できるように「キッズコーナー」的なエリアが設けられていました。ここにもいくつか展示物が用意されています。

 印象的だったのが「シブヤツギ」というオープンソースの「ドームシェルター」です。フレームと特徴のあるジョイントパーツで構成されていて、このジョイントパーツの張力を利用することで自立できます。また、押し込むだけでパーツを接続できるなど、組み立ても容易そうです。

「シブヤツギ」の中で遊ぶ子供たち

「シブヤツギ」の中で遊ぶ子供たち

 その近くでは、スライムを触ることでいろいろな音を鳴らせる「スライム・シンセサイザー」のデモも行なわれていました。こちらも子供に人気だったようです。

スライム・シンセサイザー

スライム・シンセサイザー