「カレンダー」は、日付をループ処理して、1つ1つ描画することで、自分で作ることもできます。
しかし、「何曜日から始まるのか」「末尾は28~31のどの日なのか」などを計算しなければならず、不具合が出やすいものです。
さらに、「Googleカレンダー」のように「スケジュールのタイムライン」も一緒に表示しようとすると、作り込みは大変です。

今回紹介する「FullCalendar」は、それらの実装を簡単にする「カレンダーライブラリ」です。
「月表示」のほか、「週表示」や「日表示」にも対応します。「Googleカレンダー」との連携機能もあります。

■ 大澤 文孝

You need ID and Password.